目次

クレジットカードを作るなら…どの国際ブランドを選べばいいの?

国際ブランドはクレジットカードの顔

世の中にはたくさんのクレジットカードがありますが、どこの会社が発行しているのかを気にしながら選ぶことが多いのではないでしょうか。カード発行会社によっては提供している特典や優待などのサービスに違いがあるため、クレジットカードを選ぶ際には重要な指標となります。

しかし、クレジットカードには発行会社だけではなく、国際ブランドと呼ばれるものでも種類を分けることができます。今後クレジットカードを作る予定がある人は、国際ブランドにも注目しながら選んでみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの国際ブランドには、VISAやMasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなど種類が豊富です。自分の持っているカードの国際ブランドを知りたければ、クレジットカードの表側についているロゴを確認してみてください。多くの場合、カードの右下や中央部分に国際ブランドのロゴが付いていることでしょう。

国際ブランドは大きく2つのカテゴリーに分けることができます。VISAやMasterCardは「決済カードブランド」、JCBやアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブは「T&E(トラベル&エンターテイメント)カードブランド」と呼ばれます。

決済カードブランド

決済カードブランドはカード発行会社に決済機能を提供しているだけで、自社でクレジットカードを発行していません。

T&Eカードブランド

一方、T&Eカードブランドでは、プロパーカードと呼ばれる自社ブランドのクレジットカードを発行しています。

プロパーカードは他のカード会社が発行しているクレジットカードよりもサービスの質が高い傾向があり、ステイタスカードとしての役割を果たすこともあります。そのため、プロパーカードを手にいれるためには安定した収入と社会的に高い地位を持っていなければならないという条件が必要となり、持つことが難しいクレジットカードということができます。

カード会社と国際ブランドは何が違うの?

T&Eカードブランドのように自社でカードを発行している場合があるため、国際ブランドとカード発行会社を混ぜて考えてしまいがちですが、それぞれ異なります。

カード発行会社はJCBやアメリカン・エキスプレスなどの国際ブランドだけではなく、銀行系や航空会社系などの企業のケースもあります。カード会員となっているクレジットカードの発行会社を知りたければ、クレジットカードの表面右上や左上、中央付近などを見ることでカード会社のロゴを見つけることができます。

また、カード裏側には発行会社の名前や所在地、電話番号が記載されています。もしも他人にどの会社のクレジットカードを持っているのかを伝えなければならないときは、VISAやMasterCardなどの国際ブランドの名前を伝えるのではなく、カード裏面に記載されているカード会社名を伝える必要がありますなぜなら、国際ブランド名をいっただけでは、どの会社が発行しているクレジットカードかを知ることはできないからです。

VISAもMasterCardもどっちもカード会社ではない

VISAとMasterCardは決済カードブランドなので、VISAが発行しているVISAクレジットカードや、MasterCardが発行しているMasterCardクレジットカードといったものはありません。これらの国際ブランドは各カード会社に決済システムを提供しているのみなので、同じ国際ブランドのロゴが付いているクレジットカードでも、楽天カードだったりライフカードだったりと、カード会社やカードの種類、サービスなどが異なります。

また、カードを紛失したときなどは国際ブランドに電話をかけても意味がなく、カードを発行している会社に連絡して対応してもらう必要があります。

Economic Madness

VISAとMasterCardの違いを比較!

世界シェア数No.1はVISA!でも加盟店数はMasterCardと大差なし

クレジットカードの国際ブランドで特に有名なのが、VISAとMasterCardでしょう。この2つは世界的に見ても、会員数や加盟店の数が3位以下を大きく放してダントツの1、2位を争う国際ブランドです。

世界中のどこへ行っても知名度が抜群で、クレジットカードが使えるお店ならこの2つのカードは必ずといってよいくらい使うことができます。日本においては日本発の国際ブランドJCBの知名度が高いですが、ヨーロッパやアメリカなどでのJCBの知名度は、VISAとMasterCardに比べると大きく見劣りしてしまいます。

桁違いのシェア数を誇る国際ブランドVISAとMasterCard、この二大国際ブランドを比較して、より使い勝手が良いのはどちらなのかを分析していきましょう。

世界で最も広く使われている国際ブランドはVISAであり、会員数は世界中で18億人以上もいます。世界の人口が70億人ほどだということを踏まえると、驚異の会員数であることがわかるのではないでしょうか。およそ4人に1人がVISAブランドのクレジットカードを持っているという計算になります。

一方、MasterCardの会員数はおよそ10億人で、VISAと比べるとおよそ半数の会員数です。7人に1人が持っているということを考えると、MasterCardも会員数がかなり多いということができますが、VISAと比べるとやはり数字の上では見劣りしてしまいます。

クレジットカード売上高のシェア数を見てみると、VISAで58%、MasterCardで26%とVISAがMasterCardを大きく引き離していることが見て取れます。しかし、3位の中国銀聯カードの売上高が10%であることを考えると、VISAとMasterCardが二大国際ブランドと呼ばれる理由が理解できるのではないでしょうか。

これらの数字を見ていくと、MasterCardよりもVISAの方が使い勝手が良く、優れているのではないかと思ってしまいがちですが、実はこの2つの国際ブランドには使い勝手の面での大差はありません。なぜなら、VISA、MasterCard両ブランドのクレジットカードが使用できるお店(加盟店)の数はおよそ3,800万店とほとんど同じだからです。そのため、どちらの国際ブランドのカードを持っていたとしても、どちらかが使いづらいと感じることはあまりないでしょう。

日本国内シェア数もVISAがNo.1!しかし、こちらも加盟店数に大差なし

世界シェア数と同様に、日本でのシェア数もVISAがトップとなっています。しかし、日本でも世界と同じくVISAとMasterCardが使用できる店舗の数には大きな差がないため、どちらの国際ブランドを選んでも不自由することはないでしょう。

VISAが使えるならたいていMasterCardも使える!

VISAブランドでもMasterCardブランドでも、加盟店の数はほとんど同じなので、たいていの場合はVISAが使用できるお店ならMasterCardも使用することができます。また、クレジットカードが使用できる店なら、この2つのブランドを持つカードはほぼ使用できる可能性が高いので、使い勝手においてVISAとMasterCardで大きな差はほとんどありません。

2つの国際ブランドは同じエージェントを利用して加盟店を拡大させていっているようなので、自然と加盟店の数が同じようになるのかもしれません。

Credit Card Issuers

クレジットカード作りたい!国際ブランドはどっちがいいの?

VISAとMasterCardの両方持つのがベスト

VISAとMasterCardの間にはあまり大きな差がないことがわかったものの、結局どちらの国際ブランドを選べば良いのかわからずに悩んでいる人もいるかもしれません。

VISAとMasterCardに関しては自社でクレジットカードを発行しているわけではないので、サービスに大きな違いがあるとはいえません。そのため、どちらが優れていると明確にいうことは難しく、それが国際ブランド選びを困難にさせています。国際ブランド選びに迷ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

結論としては、ベストなのはVISAとMasterCardの両方のブランドを持つことです。加盟店の数はほとんど同じといえども、まれにVISAだけが使えるお店やその逆のお店があるケースもあります。そのようなときにもスマートに会計をするために、クレジットカードは違う国際ブランドで2枚以上持って歩くのが賢明といえるでしょう。

クレジットカードを2枚以上持つことは、カードにまつわるトラブルを避けることにもつながります。例えば、クレジットカードにはたいていの場合有効期限が定められていますが、有効期限が来る前にカードの磁気が損傷してカードが読み込めなくなるケースがあります。また、カードを紛失してしまった場合は再発行されるまでの期間クレジット払いができなくなるケースもあります。そのため、クレジットカードは複数枚持っておくと便利です。

今1枚しかクレジットカードを持っていない人や、2枚以上を持っていたとしても両方同じブランドのカードである場合は、新たにもう1枚国際ブランドが異なるカードを持つと、万が一、予期せぬトラブルに見舞われたときに焦らずに済むことでしょう。

特に飲食をした後にクレジットカードが使えないことが判明した場合、ATMに現金をおろしに走ることになりかねないので、2枚目のクレジットカードは保険としても役に立ちます。

とても便利!三井住友カードの「デュアル発行」

すでにVISAブランドのカードを持っていて、もう1枚MasterCardブランドのカードを持ちたいと思っている場合、次はどの会社のクレジットカードにしたら良いのかわからないという人もいることでしょう。三井住友カードでは、「デュアル発行」というVISAのカードもMasterCardのカードも両方いっぺんに作ることができる大変便利なサービスがあります。

年会費がかかるクレジットカードでも、デュアル発行で発行されたもう1枚のカードの年会費は元のカードよりも安くなるのでお得です。例えば、三井住友VISAクラシックカードの場合、1枚目の年会費は通常通り1,250円(税抜き)ですが、デュアル発行で作った国際ブランドが異なるもう1枚のカードの年会費は250円(税抜き)になります。2枚の国際ブランドが違うクレジットカードを手に入れても年会費が合計1,500円(税抜き)と、お得です。2枚目のカードを作りたいときに迷ったら、ぜひデュアル発行を利用して、その便利さを実感してみてください。デュアル発行はプラチナカードやゴールドカードでも作ることができます。

公式サイトはこちら→

どっちにしようか迷ったら…VISAにしておけばまず問題なし

初めてクレジットカードを持とうと考えている人は、同時に2枚ものカードを持つことに抵抗があるかもしれません。そのような場合は、とりあえずVISAブランドのクレジットカードに申し込めば問題はないといえるでしょう。

VISAもMasterCardもサービスや加盟店数による違いはありませんが、VISAの方が会員数は多いので、なんとなく安心感を得られるかもしれません。

もしVISAをすでに持っているならMasterCardを手にいれよう

サブカードとして2枚目のクレジットカードを作りたいなら、国際ブランドを変えた方が良いでしょう。VISAが使えるお店ではMasterCardも使えることがほとんどだといっても、すべての加盟店でそうなっているわけではありません。

また、地域によってはVISAが使えるところが多かったり、MasterCardしか使えないお店があったりと、世界規模で見ると偏りがあるケースもあります。すでにVISAブランドのカードがあるのなら、次はMasterCardブランドのものにして、クレジットカードライフをさらに豊かなものにしていきましょう。

 

▲目次にもどる