クレジットカードの賢い使い方はとにかく、もらうこと!

クレジットカードの賢い使い方は、「ポイントはもらう」「利息は少なくする(できれば払わない)」ことです。具体的には一括払いを原則とし、カードを利用します。また利用額には気を配り、支払日に焦らない程度の利用額とすることが重要です。

20代の場合、せいぜい毎月数万円以下にしたいところです(公共料金等は除く)。慣れてきたら徐々に利用範囲を広げるといいでしょう。

愚かな利用方法は、無制限に利用して支払額が1ヵ月の給与額を超えてしまうようなパターンです。これでは当然生活できず借金生活に入ってしまいます。

だからといってリボ払いを安易に選ぶことも注意が必要です。毎月の返済は数万円程度で固定されるのですが、借入残高はなかなか減らず、返済はいつまでもゼロにはなりません。

仮に残高50万円で、金利が年12%だとすれば、1ヵ月後の利息は5000円になります。1万円ずつ返しても、いつまでたっても返し終わりません。リボ払いは基本的には避けるべきです。

また、キャッシングも金利が高いので利用すべきではありません。メインバンクでパーソナルローンのカードを作るほうが金利が低く借りられます。

ポイント選びも重要!還元率に市違いも

もちろん、借りないに越したことはありません。ポイントについてはカード会社ごとに設定が異なります。鉄道や飛行機の利用、ショツピングサイトの利用など特定のサービスと連携して還元率が高いものなどは、自分の利用シーンで有利なカードを選ぶとポイントもたくさん得られます。

ポイントを還元するサービスも、電子マネーや商品券等が用意されていますが、自分が利用できるものか確認しておくといいでしょう。

また、ポイントは有効期限を設定していることが多いので、うっかり失効しないようにしましょう。

年会費も各社によりだいぶ違います。1000円前後のカードもあれば年10000円以上取るカードもあります。利用実績があれば無料というところも多いのでカード選びの際には考慮したいところです。