ショッピング保険。正式名称は動産総合保険ってなに?

目次

ショッピング保険はどんな保険?

クレジットカードについている、ショッピング保険。カード会社によって「買い物保険」や「ショッピングリカバリー」など、様々な呼ばれ方をしていますが、正式名称は「動産総合保険」と言います。国内や海外でクレジットカードを利用して購入した商品が盗難にあってしまった場合や、事故や火災などにより破損してしまった場合に補償をしてくれます。

支払方法や購入した商品によって一部対象外になるものもありますが、旅先で購入したお土産などの商品を持ち帰るまでの事故に備えることができますし、ブランド品などの高価な物を購入した際、盗難の被害にあっても補償を受けられるといったメリットがあります。クレジットを使って購入するだけで保険がかけられるので、安心して買い物をすることができます。
※参考:『海外旅行の保険加入はどうするべき?クレジットカードだけでも大丈夫?

32-2

ショッピング保険が補償してくれる商品とは?

クレジットカードについているショッピング保険は、多くの商品に適用されます。例えば、デパートやブランドショップで購入した洋服や靴やカバン、宝石店で購入したネックレスや指輪、他に食器やぬいぐるみなど、様々なジャンルの商品を補償してくれます。しかし、一部対象とならないものもあります。代表的なものには食料品やお酒類、メガネやコンタクトレンズや義歯、ペットなどの動物や植物があります。また自転車や自動車、原付自動車、船舶といった乗り物や、サーフボード、登山用具なども対象外となります。航空券や商品券、美術品や骨董品、絵画などにも適用されません。電気的・機械的故障も対象外となっており、クレジットカードを使って購入した家電製品や時計などの機械類が故障したとしてもショッピング保険では補償されないのが一般的です。

ここに記述した以外にも補償の対象外となる商品があるため、ショッピング保険の適用を考えて買い物をする場合や、高額な商品の購入を検討している場合にはカード会社へ確認をした方が良いでしょう。またリボ払いや一括払いやボーナス払いなど、支払方法によっては適用にならない場合がありますので、保険が適用となる支払方法の確認も必要です。

32-3

保険請求をしたら、いくら支払ってくれる?

実際にクレジットカードで買った商品が破損してしまった、もしくは盗まれてしまった場合、いくら支払われるのでしょうか。ショッピング保険は、カード会社やカードの種類によって上限金額が定められています。例えば一般カードであれば100万円、ゴールドカードであれば300万円といったように、基本的に年会費が高いカードの方がより高額な金額が補償されます。仮にこれらのカードを使って200万円のショッピング保険対象商品を買い物した場合、ゴールドカードであればショッピング保険で全額補償されますが、一般カードの場合は半額しか補償してもらえないということになります。

またカード会社やカードの種類によって、免責金額というものが決められています。免責金額とは自己負担費用とも呼ばれ、一般的には3,000円から10,000円程です。免責金額は補償される金額から差し引かれるため、免責金額3,000円のクレジットカードで20,000円の商品を購入し盗まれてしまった場合、支払われる保険費用は17,000円という計算になります。そのためショッピング保険を視野に入れてクレジットカードを作る場合は、自分にあった上限金額のカードを選ぶこと、免責金額をきちんと確認しておくことが大事と言えるでしょう。
※参考:『クレジットカード利用停止する方法

32-4

購入からどれくらいの期間が保険対象になる?

ショッピング保険には、適用される期間が設けられています。基本的にはクレジットカードで商品を購入した日、もしくはその翌日から90日以内がほとんどですが、カード会社やカードの種類によっては60日以内や120日以内としているものもあります。配送で商品を注文した場合には、商品が到着した日から起算するのが一般的です。この期間内にクレジットカードで購入した商品を破損してしまったり、盗まれてしまったりした場合に補償をしてくれます。

保険請求の連絡は、破損や盗難が起こった日から30日以内や45日以内など、カード会社が定めた期日以内に行う必要があります。事故の状況などを説明する必要があるため、できるだけ速やかに連絡をした方が良いでしょう。

32-5

請求に必要な条件とは?

保険を請求するためには、カード会社が定めた条件を満たしていなければなりません。まず、請求できるのは原則カード所有者本人となります。購入した商品を第三者にプレゼントしてしまった後に発生した事故や盗難でも補償を受けることができますが、その場合においてもカード所有者本人からの請求が必要になります。

また、請求をするにあたってカード会社から求められた書類を揃えなければなりません。商品を購入した際の「クレジットカードの売上伝票」は破損や盗難など、すべてのケースにおいて必要になります。配送された商品であれば、商品の受渡日が確認できる受領証が必要になる場合もありますので、売上伝票や受領証はとっておくようにしましょう。更に、盗難の場合は警察に届け出たことが確認できる「盗難届出証明書」や「盗難届出受理番号」、破損の場合は「修理見積もり依頼書」や修理を受けたことが分かる「領収書」、破損を受けた商品の現物などが必要です。

火災などによって損失を受けた場合は、「羅災証明」や損害状況をおさめた写真などの提出が求められます。カード会社や事故状況によって提出する書類は異なりますので、保険を請求する際にしっかり確認するようにしましょう。「保険請求書」など、保険会社から記入を求められる書類もありますので、記入漏れなどがないようにしましょう。
※参考:『クレジットカードの利用明細書は、領収書代わりに利用できる?

32-6

▲目次にもどる