目次

クレジットカードには年会費無料のものがある

通常クレジットカードの契約をすると、毎年かかる年会費が発生します。これは、クレジットカードに付帯される各種サービスを提供するために必要な費用として徴収されるものです。しかし、中には年会費無料をうたっているカードもあります。
年会費と一口に言っても、カード会社によってその金額はまちまちですが、その出費は利用者にとってはなかなか痛いものです。その年会費が無料となれば、利用のハードルはかなり下がると言ってもよいでしょう。このシステムなら、実際にクレジットカードを利用した金額以外に支払う金額が発生しないため、家計の収支を計算するときにも楽ですし、財布を圧迫することもなく安心です。

とはいえ、本来年会費はクレジットカードのサービスを維持するためのものですから、年会費無料のカードは有料のものと比べて多少サービスが落ちる場合もあります。その点に関してはある程度理解した上で利用することをおすすめします。しかし、さまざまな仕組みによってサービスの質をあまり落とすことなく年会費無料を実現しているカードもありますから、それぞれのカード会社のシステムについてよく調べておきましょう。

また、カードを利用している間ずっと年会費が必要ないというケースばかりではなく、一定の期間を過ぎれば年会費が発生することもありますから、注意が必要です。では実際に年会費無料のクレジットカードを発行しようとしたら、数あるカードの中からどれを選べばよいのか?悩んでしまう方も多いかと思います。そんな方は、こちらの記事でおすすめの年会費無料クレジットカードを特集しておりますので、お時間がある際に目を通してみてくださいね。

なぜクレジットカードは、年会費無料が実現するのか?

本来であれば、カードの付帯サービスを維持するための年会費ですが、これを無料にできる理由とは何でしょうか。そこには、さまざまな仕組みがあります。

まず、年会費無料にすることで利用者の拡大を目的としているパターンが挙げられます。この場合、流通系の企業が母体となったクレジットカード会社に多く、顧客をたくさん集めて自社の店舗などで利用してもらい、全体の売り上げを上げることで母体となる企業の利益につなげることができるというものです。また、クレジットカードを利用した際にかかる手数料も、利用者が多ければその分徴収できる額も増えます。年会費のハードルをなくして利用者を増やすことが利益につながり、その分サービスという形で利用者に還元できるというシステムなのです。

また、クレジットカードの中にはリボ払い専用のカードがあり、これも年会費無料となっていることが多くあります。この場合は、リボ払いにすることで必ず手数料が発生するため、その分をカード会社の利益に充てられるわけです。
年会費が無料だからといって、その後のカード決済でリボ払いばかりを繰り返していては逆に多くの手数料発生してしまうため、リボ払いの仕組みや手数料がいくら発生するのかなどを事前に確認することが重要です。

さらに、ある利用条件を課すことで年会費無料にしている場合もあります。例えば、公共料金の支払いをクレジットカードで行うことや1年間に利用するカードの額が一定以上を超えることなどを条件とし、それをクリアする場合のみ年会費が無料になるというものです。つまり、利用者にコンスタントなカード利用を勧めることで、取次店から手数料が支払われるため、カード会社が利益を得られるという仕組みです。

年会費無料のクレジットカードを発行する際に注意したいこと

クレジットカードの契約に当たっては、やはり入会に費用がかからないカードの方が魅力的に見えたりしますよね。ですが、一口に年会費無料だからといってどんなクレジットカードでも費用がゼロ円というわけではないのです。例えば、

・初年度年会費無料のクレジットカード
・実質年会費無料のクレジットカード
・年会費は無料だが、解約金が発生するクレジットカード

など、ちょっとトリッキーなカードが存在します。一番上から順番に見ていきましょう。

まず「初年度年会費無料のクレジットカード」ですが、これは言葉のとおり入会した最初の1年だけ年会費がかからないカードという意味です。つまり、2年目以降は毎年いくらかの年会費が発生してしまうことになりますので、半分無料・半分有料のクレジットカードという感じになりますね笑。

次に「実質年会費無料のクレジットカード」についてです。こちらは、年間のショッピング回数や利用金額などの条件次第で年会費が無料になるというカードで、契約時は年会費が有料となります。例を挙げると、「1年に1度でもカードを利用すれば、次年度は年会費が無料」というパターンや、年間総合して〇〇万円以上の利用があった場合は、次年度の年会費が無料」などといったパターンがあります。リボ払いの利用やWeb明細の利用によっても次年度の年会費が無料になることもありますので、カードの契約時に注意して確認するとよいでしょう。

最後に、「年会費は無料だが、解約金が発生するクレジットカード」について。あまり数としては多くありませんが、利用し続ける限りは年会費がずっと無料で、解約するとなったら費用が発生してしまうというカードです。

この他にも、年会費が無料となっているカードでも、それ以外のところに費用が発生するパターンもあるのです。例えば、契約当初のみに支払う入会金や、カードを発行する際や更新手続きにかかる手数料などがそれに挙げられます。これらの手数料については、どれが発生するか、またそれぞれに関していくらかかるかはカード会社によって異なるため、申し込みをする前によく調べておきましょう。

その他、カード利用の支払方法が一括や分割2回以外の場合には、支払手数料が発生します。分割3回以上やリボ払いといった支払方法を選んだときには、商品の購入代金以外に手数料が差し引かれるのです。これ以外にも、ボーナス払いの場合には1回払いでも手数料がかかることもあります。

カード会社も、いろいろな手段を使ってカード会員を増やしたり、会員の解約防止をしたりしてるんですね。初めてクレジットカードを発行しようとしている方は特に、「年会費無料」という言葉だけにダマされないようにしたいものです。
その他の手数料についてや、分割払いをしたときの金利手数料については、以下の記事で詳しくご紹介しておりますのでよろしければのぞいてみてくださいね。

 

年会費無料のクレジットカードと有料のクレジットカードの違い

では、年会費が無料のカードと有料のカードでは、それ以外に明確な違いがあるのか?と疑問に思った方もいるでしょう。

答えるとすると、年会費無料のカードの方が、入会時の付帯サービスやポイント還元率が少ない場合があります。これは、やはり年会費を徴収しない分サービスに還元できる幅が少なくなるからと考えて良いでしょう。

カード利用時に付与されるポイントやマイルなどについて、年会費無料のカードは有料のものより還元率が低いことは否めません。そのため、同じように使っていてもポイントがたまっていくのが遅くなることは確かです。自分のカードの利用頻度を考えると、年会費を払ってでもポイント還元率が高いものの方が、長い目で見るとお得になる場合もあります。

ちなみに、年会費無料クレジットカードの平均ポイント還元率はだいたい0.5%~0.75%が多い印象を受けます。ポイント還元率が0.5%ということは、1,000円のカード決済で5円相当のポイントが付与されるという計算です(1ポイントあたりの金額は、カード会社によって異なります)。1%を超えると、いわゆる「高還元率」のクレジットカードと呼べる領域になります。

カードの種類によっては、入会から〇ヶ月限定でポイント還元率が2倍になったり、他のポイントプログラムと併用して貯めることができるプランもありますので、クレジットカードを新規で発行する際はそういったお得なサービスをチェックしてみるのも良いでしょう。

また、海外旅行や国内旅行につく保険や空港ラウンジの利用の可否、提携百貨店や施設などで利用できる優待サービスなどについて、年会費無料のカードの場合は付帯されないことが多くありますので注意が必要です。

年会費が無料だというメリットと、入会後に利用できるサービスの有無をよく見極めて、年会費無料のカードでも十分便利に使えるものがあると判断できた際には、自分に合ったものを選んでみてくださいね。

▲目次にもどる