キャッシュバックの特典があるクレジットカードをご存知ですか?

目次

キャッシュバックカードとは?

キャッシュバックが受けられるクレジットカードのことを、キャッシュバックカードと呼びます。キャッシュバックは日本語でいうと「現金の還元」という意味です。キャッシュバックカードをショッピングや公共料金の支払いなどに利用すると、カード利用額の一定の割合分だけ現金が戻ってくるのです。

キャッシュバックは、大きく分けると2つのパターンがあります。1つ目は、カード利用料の引き落としの際に値引きを受けられるパターンです。還元される金額の分だけ、自動的に値引きを受けられます。還元率は、キャッシュバックカードによって様々です。例えば還元率1%のキャッシュバックカードで毎月5万円の支払いをする場合、月々500円の割引を受けられ、1年間で6,000円の節約になります。還元率が高くなるキャンペーンを実施するクレジットカード会社が多く、その時期に集中的にショッピングを行うなどの工夫をすれば節約の効果を上げられます。

2つ目は、口座に現金が振り込まれるパターンです。カード利用料に対する還元率の分だけ自動的に口座に振り込まれます。こちらはお金が自分の元に戻ってくるので、得したことをより直感的に感じられるでしょう。
※参考:『「ポケットカード P-one Wiz」の基本情報や特徴のまとめ

 

ポイントが貯まるクレジットカードと何が違う?

ポイントが貯まるクレジットカードをキャッシュバックカードと混同している人も多いのではないでしょうか。カード利用料に応じて恩恵を受ける点は共通していますが、そのためのシステムは異なります。
ポイントを貯められるクレジットカードでは、それぞれ独自のポイントプログラムを導入しています。カードを利用料に応じてポイントが貯まっていき、貯まったポイントに相当する商品やギフト券などに交換できるのです。マイルや異なる会社のポイントに移行できるものもあります。

もちろん商品などを得られるのが大きな魅力ですが、ポイントを貯めたり、どれに交換するのかを考えたりするのも楽しみの一つといえるでしょう。ポイントには有効期限があることが多いので、失効させないように注意する必要があります。

一方、キャッシュバックカードには有効期限がありません。カード利用料に応じて受けられる恩恵はキャッシュバックのみで、ポイントが貯まるクレジットカードのような選択肢はありません。また、キャッシュバックは毎月行われるが一般的なので、ポイントのように貯めるという感覚を感じることは少ないでしょう。
※参考:『みんなどうやって節約しているの?

キャッシュバックの特典があるクレジットカードをご存知ですか?

手間を掛けたくない人はキャッシュバックカードがオススメ!

ポイントが貯まるクレジットカードでポイントを使用する場合、交換の申請や移行の手続きを行わなければなりません。また普段から、貯まったポイントの管理をしたり、交換に必要なポイントを得るためのカード利用料を計算したりするなどの手間がかかります。有効期限がいつまでなのかをチェックする必要もあるでしょう。有効期限が切れそうなポイントがあれば、交換や移行を急いで検討しなければなりません。

キャッシュバックカードであれば、そのような手間は一切かかりません。ポイントのように何に交換するのかを考えなくても良いですし、申請を行う必要もありません。自動的にキャッシュバックが行われるので失効する恐れもありません。このように面倒がなくシンプルに利用できるので、手間を掛けたくない人はキャッシュバックカードを選んでみてはいかがでしょうか。
※参考:『クレジットカードの有効期限について知っておきたいこと

▲目次にもどる