ヤングゴールドカードってなに?

目次

ヤングゴールドカードとは?

日常的にクレジットカードを使う人で、ゴールドカードに興味があるけれどそもそも年齢が達していないという20代の若者は多いでしょう。年収は足りているのに、ゴールドカードで受けられるサービスを受けられないのは勿体ないですよね。ヤングゴールドカードとは、名前のとおり一般的に20歳~30歳の人が取得できるカードです。
年会費は2,000円程度からと気軽に持てるカードですが、ゴールドカードに準ずる充実した特典・サービスが受けられ、コストパフォーマンスの高さから人気が高まっています。

ヤングゴールドカードは近年顧客層の拡大のため、一部サービスを縮小して年会費を安くするなど、通常のカードよりは審査が若干厳しいものの若者が気軽に取得できるカードとなってきています。
※参考:『ステータスカードに興味があるなら…今日から実践すべきことはコレ!

18-2

一般的なカードは20代ではハードルが高い

ゴールドカードというと、特別なお金持ちで安定した収入が長年ある人が持つイメージがあり、取得を諦めてしまう方も多いかもしれませんが、20代を対象としたヤングゴールドカードのハードルはそこまで高くはありません。ゴールドカードよりは圧倒的に取得しやすくなっています。ヤングゴールドカードを取り扱っているカード会社の多くは、ごく一部の限られた人のみにカードを持ってもらいたい訳ではありません。

確かに30代からを対象としたゴールドカードではそもそも年齢的な制限があり、基本的に20代で取得する事はできません。しかし、ヤングゴールドカードは20代を対象としており、安定して継続した収入があれば申し込める事がほとんどです。また、利用者が30代になった最初の更新時(もしくは5年後の初回カード更新時)に自動的にゴールドカードに切り替わったり、通常のゴールドカードに比べ条件が緩和されているもの多くあります。

ヤングゴールドカードは利用者との長期的な付き合いを前提としていて、利用者が30代になった時にゴールドカードを利用してもらう事を目的としています。一度クレジットカードを持ったら長年同じカードを使うという人は大変多いため、将来的にゴールドカード利用者となる見込みのあるヤングゴールドカードの利用者は、カード会社にとって優良顧客となります。ヤングゴールドカードのサービスを受けてプレミアム感やメリットを感じてもらう「お試し期間」としての意味も含め、取得のハードルは低めになっているのです。

また、20代にとって取得のハードルを大きく下げているのは年会費の低さです。一般的なゴールドカードの年会費は安くても年間10,000円程度からですが、ヤングゴールドカードでは2,000円程度から取得できます。大手の企業に就職が決まり、将来的に安定した収入が見込める場合でも新卒のうちから給料が飛びぬけて高いというのは特殊ですから、年会費が安いという事は嬉しいですね。
※参考:『ゴールドカードは断然お得?!おすすめクレジットカードはコレ!

18-3

ヤングゴールドカードの特典

見た目としてはゴールドカードと遜色なく、高級感がありステータスの象徴としてだけでも持ちたいと言う人も多いヤングゴールドカードですが、一般のクレジットカードにはないサービスが受けられます。まず違ってくるのがショッピング枠です。通常のカードでは10万から50万が一般的ですが、ヤングゴールドカードではほとんどが50万からとゆとりのある設定になっています。大きな買い物もカードが使用できると大変便利ですね。

次に、海外旅行傷害保険や国内旅行障害保険の自動付帯です。旅行を多くする人はその度に入らなくてはいけない保険ですが、ヤングゴールドカードは一般のカードよりも保証額が大きくなっています。自動付帯は旅行の度に保険を選び、手続きする煩わしさが軽減されますね。また、航空便の遅延や、航空便に預けた手荷物の遅れのために出費した宿泊料金や食事代などを補償してくれる国内航空便遅延保険があるカードもあります。

通常のゴールドカードと比べると少なくはなりますが、空港でのラウンジサービスが受けられるヤングゴールドカードもあります。海外旅行では乗り継ぎがある事も多く、待ち時間を持て余しがちですが、空港ラウンジを利用する事でゆったりと過ごしたり合間に仕事をしたりと自由度が上がります。利用条件や同伴者へのサービス適応は、カード会社によって異なります。

18-4

審査基準は決して厳しくない

ヤングゴールドカードの審査基準は年収だけに限定すると、年収300万円以上で、ローン残高がない人なら審査を通過できる可能性は十分にあると思われます。通常のゴールドカードよりも比較的緩やかな年収の基準で設定されているケースがほとんどです。しかし、年収とはあくまで自己申告ですから、カード会社では確かめにくい情報でもあります。カード会社は申し込み者の年齢や勤続年数、勤務先の規模、勤務形態からおおまかな年収を推測します。勤続年数が1年未満となるとほとんどのゴールドカードを作る事は難しいでしょう。

クレジットカードの利用履歴であるクレジットヒストリーにも注意しましょう。債務残高が多かったり、支払いの延滞がある場合は大きなマイナス要因となってしまいます。また、過去6か月に多数のカード申し込みがある場合も不審に思われてしまいます。

普通にカードを使用していれば問題なく通過できると思われますが、審査に落ちた場合は信用情報に何かしらの傷があるという事です。よくある原因としては他社のクレジットカードでの支払い忘れや、携帯料金の支払い延滞などがあります。自身の情報を確認して、支払いの遅延などトラブルが起きないようにしましょう。引き落とし口座を給料振り込み口座に変更しておけば払い忘れが起こらず安心です。
※参考:『クレジットカードを作るなら知っておきたい!審査とは何か?

▲目次にもどる