これからクレジットカードを作るのであれば、クレジットカードのグレードについてもしっかり調べてから作ることをおすすめします。なぜなら、クレジットカードはグレードによってサービス内容に大きな違いがあるからです。ここではクレジットカードのグレードについて解説します。

クレジットカードのグレードとは?

クレジットカードには、それぞれグレードが設定されています。一般的に、下記のように別れてます。

一般カード

クレジットカード会社で発行する最もベーシックな種類のクレジットカードです。年会費が無料だったり、非常にやすかったりします。その代わり、クレジットカードを持つことで受けられる特典は薄いですね。クレジットカードそのものの機能に充実したグレードのカードとなります。

ゴールドカード

一般クレジットカードよりステータスが高いカードです。一般的に年会費が10,000円程度かかる場合が多いですね。年会費は高いのですが、国内空港のラウンジが無料で利用できたり、カード会社から特別なコールセンターの支援がもらえるなど、様々な特典が受けられる特徴があります。

プラチナカード

ゴールドカードよりステータスの高いグレードのクレジットカードをことを指します。年会費は30,000円~100,000円と、カード会社それぞれですが、基本的に「高い!」と思われる年会費が設定されています。特典としては世界のVIP空港ラウンジが無料で利用できたり、高級レストランや一流ホテルがやり引き、もしくは無料で泊まれるなど、年会費に見合ったラグジュアリーなサービスを受けることができるクレジットカードです。

もっとも入りやすい一般カード

クレジットカードのグレードとしてもっともベーシックなのが一般カードです。ほとんどの場合、クレジットカードを申し込むときは一般カードから始まります。一般カードという呼び方の他に、スタンダードカードやホワイトカード、クラシックカードなどという呼び方をすることもあります。これらは上位のカードと対比して付けられた呼び名で、標準的な機能を持つカードであることを表しています。

もっともグレードが下といっても、日常的なショッピングに利用するうえでは十分な機能を備えているカードです。一般カードは年会費が無料のものが多いという点も魅力です。年会費が決まっている場合でも1,000~3,000円程度で、一定の条件をクリアすると年会費が無料になるというケースも少なくありません。もちろん、一般カードといえども審査に通らなければ作れませんが、他のグレードと比べるともっとも作りやすいクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

・大手銀行系カードであって対応が非常に丁寧
・365日24時間不正利用がないか監視する安心システム採用
・最短3営業日で発行対応

公式サイトはこちら→

JCBカード(一般)

「JCB一般カード」の基本情報や特徴のまとめ

・日本の国際ブランド「JCB」から直接発行するクレジットカード
・最短翌日で発行対応

公式サイトはこちら→

安定収入があればゴールドカードも夢じゃない!

クレジットカードのグレードのうち、一般カードのひとつ上のグレードに当たるのがゴールドカードです。ゴールドカードは、高い年会費を払う必要があるという点が一般カードともっとも異なる点です。数千円程度の年会費で済むカードから数万円の年会費を払わなければ持てないカードまで幅広くあります。ショッピング保険や旅行損害保険などクレジットカードに付帯している保険の内容も一般カードと比べると充実しています。

ゴールドカードの場合は、年会費が必要になる分、誰が持っても得かというと使い方次第という部分があります。航空機の遅延保険が付いていたり、国内線の航空ラウンジサービスが付いていたりしても、それを使う生活をしていない人にとっては大きな魅力とはなりません。しかし、旅行傷害保険も含めて、それらを使う機会の多い人にとっては、年会費を払っても元が取れるサービス内容であるといえます。

ゴールドカードは利用限度額の目安が一般カードより上がります。その分審査も厳しくなりますが、安定収入があれば入れるケースが多いため、上位グレードのカードとはいえ持っている人が多いカードです。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

・楽天市場での利用でポイントが最大5倍
・国内空港ラウンジサービス付帯
・海外旅行傷害保険付帯(ただし、利用付帯)
・ETCカードの年会費が無料

公式サイトはこちら→

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

・あの三井住友カードの高ステータスカード
・初年度年会費が無料で、条件達成で2年目以降の年会費も割引
・空港ラウンジサービスから一流ホテルの優待サービス等

公式サイトはこちら→

プラチナカードでサービス充実

プラチナカードとは、ゴールドカードの上位グレードのカードです。ゴールドカードにも年会費やサービス内容に差があったようにプラチナカードにもクレジットカードごとに大きな差があります。例えば年会費ですが、安いものなら数万円程度ですが、高いものだと数十万円にもなります。この差は付帯しているサービスの充実度による差です。付帯している保険の補償額が大きい分、年会費が高くなると考えるとわかりやすいかもしれません。

プラチナカードを手に入れる方法は大きく分けて2つあります。ひとつは一般カードやゴールドカードと同様、自らの意思で申し込む方法です。ただし、自分から申し込めるプラチナカードは種類が限られています。自分で申し込めるプラチナカードは、厳しい審査さえ突破できれば、誰でも手に入れることができます。一方、自分の意思だけでは手に入れられないプラチナカードもあります。通称インビテーションカードと呼ばれるタイプのカードです。

インビテーションカードは、クレジットカード会社からの招待がなければ作れないプラチナカードです。高い年会費を払うプラチナカードはほとんどがこのタイプです。クレジットカード会社が特別に招待して入手を促すほどですから、航空のラウンジ利用やコンシェルジュサービスなど、サービス内容が充実している点が特徴です。

三井住友プラチナカード

・三井住友カードの最高級グレードのクレジットカード
・プラチナカードで有りながら最初から申込可能
・各種優待サービスや世界のVIP空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」まで付帯

公式サイトはこちら→

選ばれし者だけが入会可能なブラックカード

高ステータスのクレジットカード

クレジットカードの中でもっともグレードが高いのがブラックカードです。どのクレジットカードにもあるというものではなく、ゴールドカードのうえにプラチナカードがあり、さらにその上のグレードが設けられているときのみに登場するカードです。プラチナカードの年会費でもかなりの高額ですが、ブラックカードはさらにその上を行く年会費です。数十万円から高いものだと30万円以上の年会費を払って持つことになります。つまり、それほどの年会費を余裕で払える人だけが持つことを許されたカードということになります。

高い年会費を払ってでもブラックカードを持つ人がいるのは、付帯している保険の内容が豪華で、サービス内容も充実しているからに他なりません。例えば、旅行傷害保険などの補償額が他のグレードよりも高く設定されています。ショッピング保険に関しても、補償額の上限が高く設定されているうえに、本来ショッピング保険では対象外になるケースもカバーできるような保険が付帯されていることが少なくありません。

また、ブラックカードは高級レストランやショップ、ホテルなどでの優待サービスが充実しています。このように、ブラックカードはクレジットカード会社が特別優良な会員であることを認め、招待した人だけが入会できるもっともグレードの高いカードなのです。

クレジットカードのグレード切替方法は?

クレジットカードの切り替えは、自分の意思でできる場合とできない場合があります。一般カード~ゴールドカードへのランクアップは、収入が安定していれば比較的簡単にできます。ランクアップを希望して、審査に通れば誰でも可能です。しかし、プラチナカードのうち、インビテーションカードは自分の希望だけでは手に入れられません。ブラックカードに関してはクレジットカード会社からの招待が必須条件です。

なぜプラチナカードやブラックカードでは招待が必要かというと、ターゲットがごく一部に絞り絞り込まれているカードだからです。一般層には使う機会のない特典や不要な保険であっても、一部の富裕層には必要なものばかりが揃っている内容であれば、高い会費を払ったとしても別々に保険に加入するよりも安上がりです。つまり、特典が充実している分年会費の高いカードは必要とする人が限られているということです。

必要とする人が限られているカードは、確実に維持できる相手だけを選んで利用を勧めた方が実際の利用に繋がりやすく、リスクも減らせます。持つ側にとっても、招待状を受け取ったごく一部の人しか持てないカードを持つということはステータスに繋がるため、高い年会費を払って持つことにも意味が生まれます。

年会費の支払いは無理のないカードがいい

一般カードよりもゴールドカードが、ゴールドカードよりもプラチナカードがよいとは一概にいえません。グレードが高いカードが誰にとってもメリットがあるカードだとは限らないからです。例えば、普段飛行機に乗ることもなく、日頃の買い物でしかクレジットカードを使わないのであれば、年会費無料の一般カードがもっとも使いやすいカードになるはずです。自分にとって欲しいサービスが付帯していて、無理なく年会費を支払えるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。