目次

即日スピード発行されるクレジットカードの種類は少ない

もしもクレジットカードが申し込んだその日に手に入ったなら、急ぎ用立てたい場合にはこれほど便利なことはありませんよね。その日からクレジットカードを使って買い物ができるので、即日発行はとてもうれしいサービスです。また、ウェブ上で買い物をするのが当たり前になった今日、クレジットカードを持っていると買い物できる範囲が劇的に広がることでしょう。

しかし、クレジットカードの「クレジット」の意味は「信用」ということからも分かるように、カードを持つ人はカード会社から信用されなければなりません。その人物が信用に足りるかどうかを見極めるため、カード会社は一般的に数日から数週間かけて申し込んだ人の信用歴を調べます。そのため、通常は申し込みからクレジットカードを手に入れるまでには最低でも数日を要するのです。

即日スピード発行されるクレジットカードの特徴とは?

一方、申し込んだその日のうちにスピード発行されるクレジットカードもあります。主な種類はアコムなどの信販系イオンなどの流通系のカードで、ウェブ上ではなく、ショッピングモールや店頭にあるカードを発行している特設会場などで申し込めば、その日のうちにカードを手に入れることができます。銀行系のクレジットカードは審査を慎重に行うケースが多く、即日発行をしているところはほとんどありません。

そう考えると、信用度は信販系や流通系に比べて銀行系の方が高いような気もしますが、審査期間が長く、カード発行までにそれだけ時間がかかってしまうということを心得ておきましょう。とはいえ、クレジットカードを持っていること自体がすでにそのカード会社から信用されていることの証ですので、無事クレジットカードを発行できた際には、堂々と使ってくださいね。

 

気になるクレジットカードのスピード発行の流れとは

スピード発行のクレジットカードを申し込む方法には主に二つの流れがあります。

①店頭でクレジットカードの申し込み⇒審査⇒店頭でカードの受け取り
②ネットでクレジットカードの申し込み⇒審査⇒店頭でカードの受け取り
③ネットでクレジットカードの申し込み⇒審査⇒カードの発送

一つは直接審査や発行を行っている場所に赴いて申し込む方法で、もう一つはインターネット上で申し込むことです。ショッピングモールなどの店頭で必要書類を記入する方法も、ネットで申し込む方法も、カードの発行が完了した際、カードを受け取りに行かなければならない面倒さはありますが、数時間後にはカードを手に入れられるので、即日発行のサービスをフルに活かすことができます。

一方、インターネット上で申し込みを行いその後カードを郵送してもらう場合は、その日のうちにカードが発送されます。家にいながらに申し込めるので便利ですが、カードを手に入れられるまでに時間が掛かるデメリットがあります。

対面の場合もインターネットの場合も、カード会社が知りたい情報はほとんど同じです。まず、自分の名前や住所などの基本情報に加え、年齢や借金の有無、以前にクレジットカードを使って返済を滞らせた経験はないかなどの、いくつかの信用に関わる質問に回答していきます。対面の場合、すでに別のクレジットカードを持っているならほとんどすぐに審査に通る傾向があります。審査に通ったからといって、カードを発行するには、所有する人の名前やカード番号などの情報を打ち込まなければならないので、スピード発行といえどもある程度の時間は必要になります。その間はどこかで暇をつぶして待ちましょう。

どの方法で発行するにしろ、カード審査は必須ですので、スムーズに審査を通過するためにも事前に審査内容を把握しておくと安心です。

即日スピード発行のクレジットカードにも注意点がある

クレジットカードの即日スピード発行を希望する人は、審査を待つまでの時間がない人が多いでしょう。明日留学のため海外へ行く方や急に海外出張を言い渡されたなど、それぞれに事情があるかもしれません。インターネット上でクレジットカードを申し込む場合は、スピード発行されたとしても配送されてくるので、受け取りまでには時間がかかってしまいます。1日も待てない場合は店舗で受け取ることができるカードを選ぶと良いでしょう。また、即日発行されるカードは、リボ払い専用のものなど、使用できる幅の狭いものも含まれているので、発行する前に申し込みたいカードの特徴を理解しておく必要があるでしょう。

すぐに手に入れたいからとあまりカードの詳細を見ずに決めてしまうようなことは避け、自分にあったカードかどうかをきちんと確認してから申し込みましょう。

▲目次にもどる