25歳以下が最初に作るカードにぴったり

「三井住友VISAデビュープラスカード」は25歳以下満18歳以上に向けたクレジットカード大学生や新社会人が最初に持つにはぴったりのクレジットカードです。インターネットが普及している昨今、ネットショッピングにはクレジットカードは必須。大学生でも参考書やクラウドツールを利用する時にはクレジットカードが必要になる場面があるでしょう。そんな時に重宝する存在になるはず。そして、「三井住友VISAデビュープラスカード」を作って持っておくことで、信用が積み上がっていきます。クレジットとは信用の意味、欧米ではクレジットスコアが重視されていますが、カードを使うほどに信用が増えていくのです。ちなみに、26歳以上で更新日を迎えると「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わります。「三井住友VISAデビュープラスカード」をずっと使ってきた人には20代でゴールドカードに移行できるのです。

年会費は初年度無料、2年目以降は1350円(税込み)ですが、年に1回でもカードを利用すれば年会費は無料になります。コストに敏感な学生やフレッシャーズにはぴったりクレジットカードではないでしょうか。

ポイントは通常の2倍! ポイントプログラムも充実

「三井住友VISAデビュープラスカード」は通常の三井住友カードに比べていつでもポイントは2倍なので、非常にお得なカードになっています。三井住友カードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」は、原則、利用金額の1,000円ごとに1ポイント。還元率は0.5%です。しかし、「三井住友VISAデビュープラスカード」は1000円の利用につき2ポイントがもらえます。しかも、入会して3か月の間は、1000円ごとに5ポイントがもらえます。フレッシャーズは家電や家具の購入が必要だったり、レジャーや飲み会でも定期的に出費があるでしょう。そんな時に「三井住友VISAデビュープラスカード」を利用すればお得にポイントが貯まります。もちろん、貯まったポイントは景品と交換したり、ANAやJALのマイレージに交換したり、他の電子マネーに交換も可能。ドコモやauなど携帯電話のポイントに交換することもできます。さまざまな用途に合わせて交換ができるので、使い勝手はバッチリです。

ただでさえ、ポイントが充実している「三井住友VISAデビュープラスカード」ですが、さらにもらえるポイントをアップさせることもできます。それが、三井住友カードが運営している「ポイントUPモール」。ネットショッピングをするときはこの「ポイントUPモール」を経由して買い物をするともらえるポイントがさらにアップします。使い方は簡単。三井住友カードのカード管理サイト「Vpass」に登録します。「Vpass」にはアプリもあるので使っているスマホにダウンロードすれば利用状況やポイントの確認もできます。「Vpass」にログイン後、「ポイントUPモール」にアクセスし、「三井住友VISAデビュープラスカード」をを使って買い物をするだけ。「ポイントUPモール」には「amazon」「楽天」「YAHOO! ショッピング」などの大手ネットショッピングモールのほか、家電、書籍、アパレル、化粧品などのショップ、さらには旅行会社や各種予約サイトなどあります。

ネットショッピングだけではなく、リアル店舗でもポイントアップの方法があります。それが「ココイコ!」。「ココイコ!」で行きたい店舗にエントリーした後、その店舗を訪れて「三井住友VISAデビュープラスカード」で決済すれば、ポイントが2倍以上に。最大18倍に成る店舗も存在しています。「ココイコ!」にある店舗は百貨店やスーパー、専門店など普段よく行くお店がラインナップされているので、確認してみてはいかがでしょうか。

電子マネーが便利な「三井住友VISAデビュープラスカード」

「三井住友VISAデビュープラスカード」は電子マネーにも対応。利用できる電子マネーは「iD」「WAON」「PiTapa」などです。電子マネーを使えば、ショッピングの支払いはかざすだけとなり、ストレス知らず。

なかでもイオンが発行する電子マネー「WAON」がお得。イオン各店での買い物が毎月20日・30日は5%OFF、また、5日・15日・25日は2倍のWAONポイントの受け取りが可能という特典が付いています。イオンで定期的に買い物をしてポイントを溜めたい人にぴったりです。

ドコモの電子マネー「iD」も便利な存在。「iD」はチャージが必要な電子マネーと違ってチャージ不要。ピッとかざすだけで決済されます。「iD」は各種コンビニや飲食チェーン店、スーパーなどで利用できるのでコインレスな生活が実現できます。