どんなボーナスポイントがある?

クレジットカードでポイントを貯めるのが好きな人は、還元率を重視して最もお得なカードを選んでいることでしょう。ポイントには毎月の利用額に応じて付与されるもののほかに、年間の利用額や誕生月などの特定月に加算ポイントがもらえる「ボーナスポイント」もあります。今回はクレジットカードのボーナスポイントについて説明します。

最初に、ボーナスポイントにはどのようなものがあるかを見てみましょう。ボーナスポイントの種類には、新規入会時のポイントや入会後の数カ月間は基本ポイントが○倍、誕生月に○倍、海外ショッピングで○倍、特定の場所で利用すると○倍、1年間の利用金額に応じて○倍というものがあります。また、リボ払いや分割払いを指定して支払いをした場合や、請求書をWEB上での閲覧にするとプラスのポイントがもらえるところもあります。ボーナスポイントは自動的に適用されるケースと、個別に申し込みが必要なケースがあります。

ボーナスポイントが充実しているクレジットカード

ライフカード

ボーナスポイントが充実しているクレジットカードとして1つ目に紹介するのは、ライフカードです。ボーナスポイントの種類としてはまず、利用金額に応じて翌年のポイント付与率が上乗せになる「ステージ制プログラム」があります。通常ポイントは1,000円につき1ポイントですが、年間の利用金額が50万円以上になると翌年は1.5倍、100万円以上になると1.8倍、200万円以上で2倍になります。「スペシャルボーナス」として利用金額が50万円になると300ポイントの加算ポイントも。入会後1年間はポイントが1.5倍になる「新規入会後キャンペーンポイント」を上手に利用して、一気にポイントの大量獲得を狙いましょう。また、誕生月は通常のポイントが3倍になる「お誕生月ポイント」が狙い目です。高額の買い物予定がある人は、誕生月に買い物するようにしましょう。ただし、ステージポイントや新規入会キャンペーンポイントとの重複付与はないので、タイミングに注意してください。

公式サイトはこちら→

三井住友VISAカード(全般)

三井住友VISAクラシックカード

2つ目に紹介するのは三井住友VISAカードです。三井住友VISAカードでは、年間利用額が50万円以上になるとボーナスポイント付与の対象になります。ゴールドカードなら50万円で100ポイント、以降10万円ごとに20ポイント付与。ゴールド以外のカードでは、50万円で50ポイント、以降10万円ごとに10ポイントです。三井住友VISAカードの通常ポイントは、1,000円の利用金額に対して1ポイント獲得できるので、ゴールドカードを持っている人が50万円利用したケースでは、プラス10万円分のポイントを何もせずに獲得できるということになります。

公式サイトはこちら→

Yahoo!JAPANカード

3つ目に紹介するのは、Yahoo!JAPANカードです。このカードは入会特典が魅力のカードです。利用できる場所は限られていますが、入会するだけで5,000ポイント、1度でも利用すると3,000ポイントもらえます。Yahoo!JAPANカードで採用しているポイント制度はTポイントです。利用金額100円につき1ポイントですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOのショッピングに利用すると毎日付与率は3倍になります。Tカードとしても利用できるので、クレジットカードで貯めたポイントは全国のTSUTAYAをはじめTポイントと提携しているファミリーマートなどのコンビニやスーパー、ファミリーレストランなどで利用することができます。また、貯まったポイントは現金に交換したり、提携サービスのポイントに交換したりという使い道があります。アメリカン・エキスプレスやJCBのポイントサービスと提携しているので、メインをそれらのカードに置き、サブカードをYahoo!JAPANカードにするという使い方もおすすめです。

公式サイトはこちら→

Orico Card THE POINT

最後に紹介するのはオリコカード。オリコカードのポイント還元率は1%と高還元率です。入会後半年間は特別加算ポイントの1%が加算されるので、還元率は2%にアップします。半年間で50万円利用すると最大10,000オリコポイントがもらえます。オリコカードは会員限定のショッピングモールを経由してのショッピングに対して、0.5%の加算ポイントがあります。モールにはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトが多く登録されており、獲得ポイント利用先に応じ、最大15%加算となっています。このカードは非常にポイントを貯めやすいカードといえるでしょう。

還元率は単純な数字ではわからない

クレジットカードのポイントを貯めるには、通常ポイントの還元率が高いカードを利用するのがセオリーです。しかし、ボーナスポイントや使い勝手まで含めて考えると、そうとも限りません。年間の利用金額に応じて付与されるボーナスポイントや、特定の店舗で利用すると加算されるボーナスポイントをうまく活用すれば、年間で見ると還元率の劣るカードのほうがお得になることもあるからです。各社単純に比較されることのないよう、複雑なサービス内容にしています。還元率は単純な数字だけではわからないのです。

ポイント重視ならボーナスポイントに着目しよう

入会特典がお得なおすすめのクレジットカード 9選

各社が発行しているカードにはさまざまな特典があります。「お得なカード」といっても、どのような内容にお得を感じるかは人それぞれです。これからクレジットカードを作りたいと考えているのであれば、カードに何を求めるかを明確にしてください。主な目的が「ポイント」なら、単純な還元率だけでなくボーナスポイントにもしっかりと目を向けるようにしましょう。単体のカードでは魅力が低くても、メインカードとサブカードを併用して誕生月などの特別なときだけサブカードを使い、ポイントを提携サービスに交換するという使い方もあります。目的と利用したいサービスによってカードを選ぶのが望ましいといえるでしょう。

ポイントプログラムをフル活用しよう

クレジットカードは、利用金額に応じてボーナスポイントや通常ポイントの付与率が優遇される仕組みになっています。カード会社としては、プラチナカードやゴールドカードなどの上位カードを持ち、たくさん利用してくれる顧客が良い顧客です。したがって、利用金額の多い人を優遇するようになっています。ユーザーとしては、できるだけ少ないカードに利用を集中させることでポイント獲得を狙うのが効率の良い貯め方になるでしょう。ポイントのためにカードを利用するのでは本末転倒ですが、カード払いできるものは極力カード払いにし、利用金額を引き上げるのがポイントプログラムのお得を享受できる方法です。