リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いのクレジットカードという言葉をよく耳にします。自分の都合に合わせた月々の支払方法が設定できるクレジットカードです。便利な反面、支払回数が多くなるにつれて金利も高くなるので、どういう使い方が自分にあっているのか理解しておいたほうがよさそうです。

リボ専用のクレジットカードについて見ていく前に、今一度リボ払いについておさらいしておきましょう。リボ払いとは、月々の支払額をあらかじめ固定しておき、買い物の金額に関係なく、毎月一定の金額と利息だけを払えば良いように設定する返済方法です。例えば、月々の支払金額を1万円に設定した場合は、クレジットカードで10万円の買い物をしても、翌月請求されるのは1万円と金利手数料だけです。毎月一定額の支払いで済むため、家計管理がしやすく、高額決済も無理なくできるという点はメリットといえるかもしれません。

しかし、実際は完済までの期間が先延ばしされているだけなので、支払いが完了するまでの間の金利が上乗せされます。ですから、月々の負担を軽くし過ぎると利息がその分大きくなり、トータルの支払額が増えてしまいます。また、計画性のない人が利用すると、いくら金利手数料がかかっているのか、いつが完済なのかなどを考えずに複数のリボ払いを同時期に行ってしまうことがあります。計画的に利用しなければ気付かないうちに借金額が膨らむ可能性があるのがリボ払い最大のデメリットです。

世間一般でリボ専用カードは悪い印象?

リボ専用クレジットカードは一部では人気ですが、一般的には危険というイメージを持っている人が多いのが現状です。一般の人にとっては、リボ払いは毎月の支払額が一定で済む、家計の管理がしやすいという印象ではなく、リボ払いは気付かないうちに借金が膨らむから怖いという印象でしかないからです。LINEを利用しない人が、LINEを使っていて事件に巻き込まれたニュースを耳にしたら、LINEは怖いと感じてしまうのと同じようなものだといえばわかりやすいかもしれません。

世間一般では、リボ払いはどのような利用の仕方をしても必ず高い金利で返済額が膨らんでしまうと感じる人が多いということです。特に、リボ専用カードは店頭で「一回払いにします」と申告しても、自動的にリボ払いになってしまうカードです。通常のクレジットカードであれば、自分でリボ払いにすることを申告した買い物だけがリボ払いになるのに、リボ専用クレジットカードはすべての買い物がリボ払いなるのですから、怖いと感じる人がいても無理はありません。

実は超お得?リボ専用クレジットカード

では、リボ専用クレジットカードは本当に危険なカードなのでしょうか。実は、使い方を工夫すればリスクを最小限にしてとてもお得に利用できるカードです。ただし、リボ専用クレジットカードの特徴をしっかりと調べ尽くしたうえで利用することが条件です。リボ専用クレジットカードの一番の魅力は高いポイント還元率だということは多くの人が知っているところです。

では、一番のデメリットはどこでしょうか。高い金利手数料が発生するリボ払いに自動的になってしまう点です。こういうと、「自動的にリボ払いになってしまうものを一括払いにさえできれば、高いポイント還元率でお得に使えるのに」と感じる人も多いでしょう。実は、リボ専用カードの賢い利用方法もそこにあります。リボ専用カードをあえて一括払いにするという使い方です。

リボ専用カードは、店頭で「一括払いで」と申告しても自動的にリボ払いになってしまう点がリスキーだといわれます。しかし、利用金額がリボ払いで設定した金額を超える場合は、webや電話でリボ払いから一括払いにすることが可能です。クレジットカードごとに、全額一括払いにできるタイミングが異なるので注意が必要ですが、決められた期間内に手続きを取りさえすれば、金利手数料を発生させることなく高い還元率を適用させることができます。

リボ専用にはどんなカードがある?

代用的なリボ専用カードには以下のようなカードがあります。それぞれの特徴を理解したうえで選ぶことが大事です。

三井住友VISAカードエブリプラス

三井住友VISAカードのリボ払い専用カードです。年会費が永年無料で、一般的な三井住友VISAの3倍のポイント加減率です。追加できる電子マネーの種類が多い点が特徴的です。

公式サイトはこちら→

R-styleカード

「R-styleカード(アールスタイルカード)」の基本情報や特徴のまとめ

ジャックスのリボ払い専用カードです。リボ払い手数料が安く、初年度年会費が無料です。次年度からも年1回利用すれば年会費が無料になります。200円につき2ポイントと、通常のジャックスカードの2倍のポイントが貯まり、12月は5倍になります。

公式サイトはこちら→

アプティ

オリコのリボ払い専用カードです。年1回の次年度からの年会費は無料になります。オリコカードの2倍のポイント還元率で、最高2,000万円の海外旅行損害保険が自動的に付きます。おサイフケータイとの連動で電子マネーの利用も可能です。

Gold UPty

オリコのリボ払い専用ゴールドカードです。最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動で付き、航空ラウンジの利用などゴールドカード専用のサービスが利用できるようになります。一般のオリコカードの2.2倍のポイント還元率です。

 

ファミマTカード

ファミリーマートでの利用で多くの特典が付くリボ払い専用カードです。Tカードとしても利用できるため、現金での買い物でもポイントが付きます。TSUTAYAのレンタルサービスや、旅行の割引、レンタカーの割引などが受けられる点が特徴的です。

JCB EIT

「JCB EIT」の基本情報や特徴のまとめ

JCBのリボ払い専用カードです。年会費が永年無料で、一般的なJCBカードの2倍のポイントが付きます。付帯保険が充実している点が特徴的です。

知識を身に付けて用途や目的に合った使い方を

リボ専用カードは、普通のクレジットカードと同様の使い方をするとあまりメリットがありません。すべての買い物が自動的にリボ払いになってしまうため、リボ払いを目的に使用しているとあまり恩恵はないものになってしまいます。しかし、リボ専用カードの特徴をしっかり理解したうえで上手に使いこなすことができれば、同じ金額の買い物を一括払いで購入しても、より多くのポイントを獲得することができる最強のクレジットカードになります。

リボ専用カードはただ怖いだけのカードではありません。計画性があり、基本的にリボ払いにするつもりのない人にこそ使いこなせるカードです。リボ専用カードの特徴を逆手にとって、より多くのポイントを貯める目的で使ってみてはいかがでしょうか。