目次

家族カードとはどんなものか

クレジットカードを利用している方にとって、家族の方もお得に利用できるのが家族カードです。家族カードとは、クレジットカードの契約者の家族の方も、契約者の方の契約内容と同様のサービスが受けられるものです。

家族で生活するにあたっては、生計の主となる方がいて、その収入をもとに家計が成り立っていることがほとんどです。しかし、生計を立てている方がクレジットカード契約をしている場合、その本人しか使用することができないため、(例えば夫の収入から、妻が生活の買い物をクレジットカードで行うといったことができず、)家族でも利用できるカードを望む声が多くありました。

そこで、クレジットカードの契約者本人(本会員)だけではなく、配偶者や子供、親などの家族の範囲で同様のサービスを受けられるカードが発行できるようになっています。これが家族カードです。家族カードを利用した際の支払いは、契約者本人の銀行口座と同様となり、家計を同一にする場合に便利になります。
この家族カードについて、審査方法やメリット、注意点などをまとめました。

 

家族カードにかかる年会費は?

多くのカード会社が、クレジットカードの契約者と生計を同じくする親族の範囲で家族カードを発行することができます。カード会社により異なるため、個別に確認が必要となりますが、本人の年会費よりも割安だったり、一定期間(年単位の場合が多い)無料、条件付きで無料、といったケースがほとんどです。

契約者本人のカードに年会費がかかるカードについては、家族カードについても一定額年会費がかかることが多いため、本人のカードだけの場合と、家族カードを発行した場合とでメリット・デメリットをよく確認したうえで申し込みを行うのが良いでしょう。

15-2

家族カードの審査方法とは

クレジットカードの本会員の家族が持てる家族カードを発行する際、その審査はどのようになっているのでしょうか。

基本的には家族の個人情報が照会され、本会員の家族で間違いないかといった確認が行われます。このときは、本会員の信用情報の審査のみが行われることになります。家族カード利用時の支払に関しては本会員と同一になりますから、契約者の信用情報について審査に通過すれば問題ないわけです。

ただし、家族カードを持つ方本人が過去に信用情報について事故者とされている場合、つまり過去のクレジットカードやローン、キャッシングなどの契約において返済の延滞があった、または自己破産したなどの場合には審査に通らないこともあります。
※参考:『クレジットカードを作るなら知っておきたい!審査とは何か?

家族カードを作ることのメリットとは?

クレジットカードの本会員と同一のサービスを受けられる家族カードは、作ることでいくつかのメリットを得ることができます。個別にクレジットカードを作ったり、他社でカードを作る場合よりも年会費を安く抑えることができ、クレジットカード会社によっては無料になることもあります。ただし、本会員の契約内容では年会費無料だったとしても、家族カードでは有料になるといったケースもありますので、よく確認しておきましょう。

また、生計における大きなメリットは、利用額の支払が本会員の銀行口座に統一され、毎月の利用明細も本会員と家族の分がまとめられている点です。これにより、家族の誰がどれだけの額を使っているかがわかり、例えば子供に小遣いを渡したり、子供が個別でカードを作ったりしたときにどう使っているかわからないという事態を回避できます。さらに、妻が毎日の生活の買い物をする際に夫の収入から賄うときにも、家族カードを持っていれば夫の口座にある金額を使えるため、実質共同名義の口座を持っているのと同様の使い方ができるのです。

ただし、プライバシーなどの問題から、引き落とし口座は別にしたいという場合にも、対応しているカードはいくつかあります。カード申し込みの際にこのような対応ができるカード会社を選べば、本会員と同様のサービスを受けながら引き落としだけは独立させるといったことが可能になるのです。

そして、クレジットカードには利用のたびにポイントやマイルなどが貯められるサービスがついているものが多いですが、これらに関して本会員と家族が獲得できるポイントやマイルがひとまとめになります。これもメリットの1つです。家族みんなで貯めればある程度のポイント数まで達するのが早く、いろいろなサービスを受けやすくなるのです。
さらに、本会員の契約内容についている旅行保険やショッピング保険などの各種保険について、家族カードにも同様の保証がなされるため安心です。家族の誰かが旅行に行く際にも家族カードを持っていれば、何かあったときにも補償を受けることができます。

その他、個別でカードを作ると個人の信用情報によって審査に通りにくかったりしますが、家族カードなら本会員の信用情報を元にして審査が行われるため、18歳以上の学生の方や、自由業、主婦の方でもカードを持ちやすいこともメリットに挙げられます。過去に支払遅延などを起こしていなければ、本会員の信用情報で審査が行われるため、主婦やアルバイト、学生といった立場の方でもクレジットカードを持てる可能性が高いのです。ただし、申し込みができるのは18歳以上となっています。
※参考:『ショッピング保険。正式名称は動産総合保険ってなに?

家族カードを作る際の注意点

いろいろとメリットが多く便利な家族カードですが、作るに当たって注意しておきたい点もいくつかあります。

例えば、利用明細がひとまとめになって届くことは、本会員の方が家族の利用状況を把握するためには便利ですが、逆に家族の立場からすれば明細を知られたくないといったこともあるでしょう。その場合には、利用状況が筒抜けになることがデメリットに転じてしまいます。

また、クレジットカードには毎月の利用限度額が設けられていますが、家族カードに関してもその限度額は共通となります。つまり、本会員1人で限度額を消費するときよりも、家族複数で限度額を消費することになるため、限度額をすぐに超えてしまうといったことも考えられるのです。家族それぞれの利用額は毎月の利用明細でしか把握できないことがほとんどと考えると、いつの間にか限度額を大きく超えてしまったという事態にも陥りかねないので、注意が必要です。

その他、一般的には若いうちからクレジットカードを持って、その利用履歴をもとにクレジットヒストリーを作り、将来の信用情報を強くすることが勧められています。しかし、家族カードを使用しているときには自分自身のクレジットヒストリーを作ることができません。そのため、将来的に自分自身のクレジットカードの審査に通りにくくなったり、ローンの申し込みが厳しくなったりすることも考えられます。これらのことから、本会員の子供が社会人になって自立したときには、そのタイミングで子供自身のクレジットカードを作った方が得策と言えるでしょう。
※参考:『学生だからこそクレジットカードを持とう!おすすめの学生カードをご紹介します

▲目次にもどる