クレジットカードにおける3つのステータス指標とは?

一般カード

クレジットカード会社で発行する最もベーシックな種類のクレジットカードです。年会費が無料だったり、非常にやすかったりします。その代わり、クレジットカードを持つことで受けられる特典は薄いですね。クレジットカードそのものの機能に充実したグレードのカードとなります。

ゴールドカード

一般クレジットカードよりステータスが高いカードです。一般的に年会費が10,000円程度かかる場合が多いですね。年会費は高いのですが、国内空港のラウンジが無料で利用できたり、カード会社から特別なコールセンターの支援がもらえるなど、様々な特典が受けられる特徴があります。

プラチナカード

ゴールドカードよりステータスの高いグレードのクレジットカードをことを指します。年会費は30,000円~100,000円と、カード会社それぞれですが、基本的に「高い!」と思われる年会費が設定されています。特典としては世界のVIP空港ラウンジが無料で利用できたり、高級レストランや一流ホテルがやり引き、もしくは無料で泊まれるなど、年会費に見合ったラグジュアリーなサービスを受けることができるクレジットカードです。

カードのランクがアップするとどんな特典がある?

クレジットカードには、一般カードやゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどの種類があります。カードのランクの違いはステータスの違いを表すものです。ステータス性の高いクレジットカードは多くの人にとってかっこよく映るのではないでしょうか。しかし、一体どうすればクレジットカードをランクアップさせられるか、ランクアップすることによってどのような恩恵が得られるのか、わからない人も多いかもしれません。

ランクが上位のカードを手に入れることで受けられるメリットに、利用限度額の大きさが挙げられます。三井住友VISAカードを例に挙げると、三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAの総利用可能枠は、10〜80万円となっています。一方の三井住友VISAゴールドカードでは、総利用可能枠は50〜200万円です。三井住友プラチナカードにいたっては、総利用枠が原則300万円以上からとなっています。このように、利用可能枠の下限からして大きな違いがあります。

また、ステータスカードの多くは、ホテルなどの無料アップグレードや優待特典などが充実しています。特に旅行やエンターテイメント関係の特典が多く、一般カードに比べて年会費が高い分、より多くのサービスが提供されているのが特徴です。プラチナカードなどさらにステータス性が高いカードでは、コンシェルジュサービスなども付帯していることがあります。ステータスカードはビジネスを円滑に進めるうえでも役立つのが魅力です。

代表的な高ステータスカード

一概にステータス性が高いクレジットカードといっても、何を基準にしてそういっているのかわからないという人もいることでしょう。そこで、ステータスカードの魅力が存分に理解できる3つのカードをピックアップし、上位カードの謎に迫っていきます。以下に挙げる3種類のカードは、世界的にも知名度が高いステータスカードとなっています。

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカードは、年会費が5万円(税別)で、家族会員の年会費は無料です。

こちらのカードも利用可能枠に限度が設けられていません。国際ブランドはVISAとMasterCardの2種類から選べます。会員になるには原則満30歳以上で、安定した継続的な収入がある人に限られています。さまざまな提供サービスが魅力で、例えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではユニバーサル・エクスプレス®・パスが1日1枚もらえます。

公式サイトはこちら→

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

ステータスカードの最高峰といわれるのが、アメックスのブラックカード「センチュリオン」です。

招待性であり保有者が少ないことと、公式サイトは会員限定でカードに関する情報があまり出ていないことから、幻のカードといわれています。年会費は35万円(税別)と破格で、利用可能枠は無制限です。コンシェルジェサービスがついており、無料で飛行機・ホテルのアップグレードをしてくれることもあります。夢のような特典が満載のカードですが、インビテーションが届くためにはかなり高額な年収と、頻繁なクレジットカードの利用が基準になっています。

公式サイトはこちら→

ダイナースプレミアム

ダイナースプレミアムは、ステータスカードとして名高いダイナースクラブのクレジットカードのなかでも、さらにステータス性が高い1枚です。

こちらも公式ウェブサイトは会員限定となっています。インビテーション制であり、年会費は13万円(税別)です。還元率が2%と、クレジットカードのなかでもかなりの高還元率で、ダイナースクラブポイントモール経由でショッピングをするとさらに多くのポイントが貯められます。利用限度枠の制限がないため、好きなときに好きなものを買える利便性の高さが魅力となっています。

公式サイトはこちら→

カードの審査基準は大きく分けて3つ

多くのステータスカードでは、申し込み制ではなくインビテーション制をとっています。その際に考慮される審査基準は、年収・利用額・用途の3つです。年収は高いに越したことがなく、高ければよりカードを使ってくれそうだとカード会社は判断します。利用額も多いほうが上位カードを手に入れるのに相応しいと判断される傾向にあります。しかし、収入をはるかに上回るカード利用が続くと、カード会社に警戒される恐れがあるので注意しましょう。

3つ目の要素である用途は、何に対してカードの支払いをしているかということです。カード会社はカードの利用額のみを基準にインビテーションを出すわけではありません。いくら毎月の利用額が大きくても、使用用途が家賃や公共料金などの生活費にのみ限定されている場合、カード会社は上客とは見なしてくれないことがあります。カード会社にとってはむしろ、旅行やエンターテイメントなどでカードを利用してくれる会員に対して「経済的に余裕があり今後さらなるカード利用が見込める」と判断します。ステータスカードを狙うなら、生活費や生活必需品以外の利用も積極的に行うことが重要です。

ランクアップのための具体的な対策

カードのランクアップを狙うためには、原則としてそのクレジットカードに支払いを一極集中させることがポイントです。相当な富裕層ではない限り、支払いを複数のカードに分散させていると1枚当たりの利用額は少額になってしまいます。ステータスカードの発行条件の一つである利用額がカード会社の基準に満たない場合は、いくら待ってもインビテーションが届くことはないでしょう。全ての支払いを1枚のカードに一極集中させれば、毎月何十万〜何百万円かの利用に届き、カード会社から良い印象を持たれる可能性が高くなります。

延滞をしない

クレジットカードを利用する上、延滞をすることはランクアップを考えてる人にとっては非常位致命的な行為となります。

クレジットカードのランクアップをする=クレジットカード会社からより信用してもらうという意味にもなりますので、延滞をすると信用記録に残ってしまい、ランクアップが難しくなる可能性が高いです。滞納に関わる情報は、クレジットカード会社で共通したデータベースを持ってお互い共有するものですので、A社の支払いを滞納してもB社でのランクアップで影響を及ぼします。

クレジットカードのランクアップを目指してる人は、支払いの延滞は絶対しないよう注意しましょう。

リバ払いや分割払いを多用しない

リボ払い・分割払いをあまりにも多用していると、クレジットカード会社から「返済に困っている・返済能力が不足している」人として判断されてしまう可能性が高いです。

基本的に、リボ払いや分割払いはクレジットカード会社からの借りですので、借金と同じく考えてよいでしょう。

なお、クレジットカードがランクアップされると利用限度額が増えることが一般的です。リボ払い・分割払いが多いと利用可能額が少なく、利用限度額の高いステータスカードの発行が困難になる場合も十分ありますのでなるべく避けるようしましょう。

本当に上位カードのサービスが必要かを考えよう

ステータスカードはその人の収入や社会的地位を示す一種のシンボルです。しかし、ただ単にかっこよさや憧れるという理由だけで上位カードを選択するのは、あまり良い決断だといえないことでしょう。ステータスカードにはたくさんのサービスや特典がありますが、使いこなせなければ意味がありません。ステータスカードはもっぱら年会費が高く、単純にステータスとしてだけで保有しているだけならばお金がもったいないといえます。

ステータスカードはビジネスやプライベートをより充実させてくれるものですが、一般カードやゴールドカードにも魅力的なものは数多くあります。上位カードへの招待が届いたときはよく考えて、どちらが自分に適しているかを判断することが大切です。