クレジットカードは個人名義で持つものですが、夫婦であれば家族カードにした方が何かとお得です。これから結婚を控えている人や、独身のときに作ったカードを結婚後も使い続けている人は、家族カードへの切り替えも検討してみましょう。ここでは家族カードにするメリットについて解説します。

夫婦で使えるクレジットカード!家族カードとは?

メインのクレジットカードを持っている人が家族に持たせることができる追加のクレジットカードを家族カードといいます。複数枚作ることができるため、夫婦だけでなく、成人した子供に持たせることも可能です。メインカードを持っている本人が審査に通っていれば、基本的に家族は無審査で持てるという点が家族カードの特徴です。そのため、収入がない、もしくは少ない専業主婦や学生なども家族カードなら持つことができます。

家族カードの対象となる家族は、18歳以上の生計を共にしている家族と定義しているクレジットカード会社がほとんどです。姓が同じであることを条件にしているクレジットカード会社もあります。メインカードを持つ本会員の審査だけで持てるカードであるため、すべてのカードの引き落としがメインカードと同じ口座になることも関係しています。家族であっても、生計が別の場合は家族カードを持つ対象にはならないとするのが一般的です。ただし、大学に通うために離れて住んでいる子供は生計を別にしていても、対象になります。

同居して生計を共にしていても、兄弟姉妹や祖父母、義理の両親などが家族カードの対象となるかどうかはカード会社によって異なります。また、家族カードの発行がないカード会社もありますから、家族カードを作りたいと考えているのであれば、家族カードの発行が可能かどうかもチェックした方がよいでしょう。

家族カードがおすすめな理由1.家計管理がしやすい点を挙げる

家族カードは、家族がそれぞれカードを持って買い物をしても、すべてがメインカードの引き落とし口座から一括で引き落とされるという特徴があります。例えば、メインカードと家族カードが1枚ずつある場合でも引き落とし口座が1つですから、メインカードで買い物した分と家族カードで買い物した分が1枚の明細書に掲載されます。そのため、夫婦で別契約のクレジットカードを持って買い物をするよりも家計管理がしやすくなります。

もちろん、クレジットカードでの買い物が家計に関わる買い物ばかりとは限りません。夫婦がそれぞれ個人的な買い物をするためのカードも持ちたいというのであれば、他の方法もとれます。各自が契約者のクレジットカードを持ったうえで、それとは別に家計のやりくりをするためのメインカードと家族カードを用意するという方法です。これなら、夫婦がそれぞれ別々に買い物をしてきても、家計とプライベートの支出を分けて管理しやすくなります。

ひとり暮らしを始めた学生の子どもに持たせる場合も、買い物の内容を確認できます。高い買い物や怪しい買い物をすれば一目瞭然です。遠くに居ながら家族の買い物内容を把握できる点もメリットといってよいでしょう。

家族カードがおすすめな理由2.ポイントをためやすい点を挙げる

クレジットカードを支払いに使うメリットのひとつに、利用金額に応じてポイントが還元されるという点があります。家族カードの利用額はメインカードの引き落とし口座からまとめて引き落とされることになるため、利用金額に付くポイントも、メインカードに合算されます。複数のカードでポイントをためれば、その分効率よくポイントがたまる点が魅力です。

クレジットカードの中には、たまったポイントに応じて還元率が上がるカードがあったり、一定以上のポイント数がたまっていなければポイント交換ができず失効してしまったりするケースもあります。そのようなカードの場合、夫婦が別契約でカードを作ったのでは、低い還元率のまま少ししかポイントをためられません。しかし、家族カードを持っていれば、家族全員分のポイントを合計するので、目標ポイントまで早くたまり、還元率が上がったり、交換しやすくなったりします。

家族分がまとまるとお得なのはポイントだけではありません。マイルをためている場合も同じです。1枚のカードで1人分の利用額に付くマイルだけをコツコツとためるより、家族全員分の利用金額でマイルをためた方が断然早くたまります。

家族カードがおすすめな理由3.年会費の節約になる点を挙げる

家族カードはメインカードと比べて会費が安いのが一般的です。中には1枚目の家族カードは無料で、会費が必要なのは2枚目からというケースもあります。家族カードの年会費は無料あるいは、かかってもメインカードよりもかなり安いというのが一般的です。しかし、別契約のクレジット―カードを2枚持っていれば、それぞれ1枚ずつ年会費がかかるケースもあります。それを考えると、ほぼメインカードだけの年会費で済む家族カードは安上がりです。

メインカードよりも年会費が安い家族カードですが、付帯する保険は基本的にメインカードに付くものと同様です。メインカードに旅行保険やショッピング保険が付帯していれば、家族カードにも付きます。夫婦がそれぞれ持っているクレジットカード以外に家族カードをそれぞれ発行すれば、家族カードに付帯している保険の補償額も合算になります。そうなると、いざというときに給付される金額も大きくなります。家族カードはほぼ無審査で入れて年会費も安いため、特典を上手に利用すれば、別々に入るよりもかなりお得です。

夫婦で使うクレジットカード選びのポイント

夫婦で使うクレジットカードを選ぶ際は、ポイント還元率のよいカードを選ぶのがおすすめです。一般的なポイント還元率の目安は0.5%程度、高めのポイント還元率の目安は1%~1.25%です。しかし、特定の店舗で買い物をしたときにはその何倍ものポイントが付くクレジットカードもあります。2人が共によく利用するショップで還元率が大きいクレジットカードを選ぶとポイントがたまりやすくなります。

クレジットカードの利用で付与されるポイントは、値引きと同等の意味を持ちます。ですから、夫婦で持つなら、できるだけポイントをためやすいクレジットカードをためやすい形で持つのがコツです。よく買い物をする場所が複数あるなら、特定店舗での買い物で大きいポイントが付くカードよりも、まんべんなく1%程度のポイントが付くカードを持った方が得な場合もあります。どのカードを持つか決める前に、よくシミュレーションをしてみましょう。

クレジットカードは夫婦仲良く家族カードで!

夫婦でクレジットカードを持つなら、別契約でそれぞれがクレジットカードを持つよりも家族カードにした方が得な部分がたくさんあります。メインカードの審査さえ通れば家族カードはほぼ審査なしで持つことができるうえ、年会費は安く、ポイントがたまりやすいのでとても経済的です。保険などもメインカードとほぼ同等のものが付きますから、夫婦別々にカードを持っているなら、家族カードに集約することを考えてみてはいかがでしょうか。

家族カードを作ることがお得なクレジットカード

家族カードを発行するにも、クレジットカードの種類や発行会社によって条件が異なります。家族カードを発行した方が絶対お得のクレジットカードを厳選!

三井住友プラチナカード

年会費50,000円のプラチナカードが、家族カード発行が何枚でも無料。
 ⇒ようするに、家族カードを1枚作ったらそれぞれの年会費が25,000円に、3枚作ったら12,500円とお得!
・海外のVIPラウンジが無料で利用できたり、専用のコンシェルジュサービスがうけられる等の最高ステータスのクレジットカード。
・インビテーションなしで入会できる数少ないプラチナカード
・家族カードを発行することで最も得するクレジットカードとしてTOPクラス。

公式サイトはこちら→

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費29,000円のアメックス・ゴールドカードが、家族カード発行1枚だけ無料。
・空港ラウンジの利用サービスやアメックス専用優待サービスが使える高ステータスカード

詳細を見る