WAONをお得に利用できる!?WAON搭載のクレジットカードとは?

目次

そもそも電子マネーWAONとは何なのか?

WAONは、ICカード型の電子マネーです。前払い制であることが特徴で、WAONカードにチャージを行うことで使用可能になります。チャージは、イオンなどに設置されている専用端末を使って行います。チャージしておける最大の金額は5万円で、一度にチャージできるのは2万9千円までです。

イオン株式会社がイオングループの店舗で導入し、2007年から会員の募集が始まりました。現在はイオンリテール株式会社が運営を行っており、導入する企業が年々増えています。ショッピングの支払い時に、レジ横に置かれている専用端末に接触させることで使用します。ICカードの年会費は無料です。購入する際に個人情報の登録は必要なく、年齢制限などもありません。

→ その他の電子マネーについて詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

39-2

WAONの利用にはどんなメリットがある?

WAONを利用するメリットとして最も大きいのは、ショッピングを手軽に行えるということでしょう。レジで紙幣や硬貨を数えて取り出したり、釣銭を受け取って財布にしまったりする手間がなくなります。イオングループの店舗やWAONの加盟店、インターネットショップなどで利用可能です。

WAONカードで支払いを行うと、WAONポイントが貯まります。WAONを200円分使用するごとに、1ポイントを貰えるのです。WAONポイントは1ポイントを1円分のWAONに交換できます。

イオンでのショッピングでWAONを利用すると、WAONポイントを沢山貰えるメリットがあります。例えば土日に来店して専用端末にWAONカードを当てるだけで、2ポイントが加算されるのです。毎月の5日・15日・25日にWAONポイントは2倍になりますし、対象商品の購入でボーナスポイントを貰えることもあります。またWAONポイントを貰えるだけでなく、割引を受けられる機会も多いです。毎月の20日と30日にWAONで支払うと、5%引きになります。

WAONカードの申し込み時にWAONメンバーズに加入すると、チャージの際にWAONポイントをプレゼントしてもらえるなどのメリットがあります。

→ イオンカード(WAON一体型)について詳しく知りたい方は、こちらをクリック!

39-3

クレジット機能を追加したWAONカードがお得な理由

クレジット機能を追加したWAONカードには、通常のWAONカードには無い特典や便利な点が多くあります。

通常のWAONカードの発行は手数料が必要です。キャンペーンで手数料が安くなるときもありますが、通常は300円かかります。WAONカードで支払いを行うとWAONポイントが貯まりますが、発行手数料分を取り戻そうとすると、6万円分のショッピングをする必要があるのです。そう考えると少し勿体ない気がしないでしょうか。クレジット機能を追加したWAONカードの場合は、発行手数料が無料であるケースが多いです。

通常のWAONカードを使ってWAONで支払うには、事前にチャージを行っておかなければなりません。チャージを行うのを面倒に思う人もいるのではないでしょうか。チャージを忘れていると、不足分は現金で支払わなければなりません。チャージを行うための専用端末は混んでいることがあり、ショッピングを行う前に長蛇の列に並ぶことになる場合もあります。

しかしクレジット機能を搭載したWAONカードであれば、そのような心配はいりません。オートチャージ機能を利用できるからです。オートチャージ機能を使用するには、2つの金額を設定します。1つ目はオートチャージを実行する残金のラインで、2つ目はチャージする金額です。もしレジで残金のラインを下回れば、自動的に設定した金額分だけWAONがチャージされます。チャージしたお金は、クレジットカードの引き落としの際に清算されます。そのため、通常のWAONカードのようにわざわざ専用端末でチャージを行わなくても良いのです。

また、クレジット機能を搭載したWAONカードを使えば、通常のWAONカードを使うよりお得にショッピングできる場合が多いです。例えば、イオングループの店舗やWAONの加盟店でWAONポイント以外のポイントも貰えたり、特別な割引を受けられたりすることがあります。また、WAONで支払えない店舗でクレジットカード払いをした場合でも、WAONポイントが貯まることもあります。

▲目次にもどる