目次

QUICPayとは?

QUICPayは電子マネーです。クレジットカードにQUICPayの機能を搭載するだけで前もって現金をチャージする必要がなくなり、残高を気にすることなく買い物できます。

クレジットカードでQUICPay支払をすると、利用分はその他のクレジットカードと一緒に後日請求されるので便利です。

さらに、QUICPayと提携しているのは、日常よく利用するようなお店が多いため、少額の支払でも小銭を気にすることなく専用端末にクレジットカードをかざすだけで支払が完了します。煩わしい暗証番号入力やサインをする必要はありません。一方、その他のプリペイド式の電子マネーは事前にチャージをしておかないと残高不足になる心配がありますので、ちょっと不便に感じるかもしれません。

35-2

メリットいっぱいのQUICPay機能

QUICPayには、クレジット機能がついていれば事前に現金チャージが不要であるという便利な機能がありますが、他にはどのような特徴があるのでしょうか。QUICPayを利用することで得られるメリットをまとめてみました。

QUICPayのメリットとは?

まず、最大のメリットは現金で買い物をするよりもお得になるケースがあるということです。提携しているお店で買い物をするとキャッシュバックやポイント還元が受けられることがあります。

また、キャッシュバック率が増えたり、割引されたりするキャンペーンを定期的に実施しているので、さらにお得に買い物ができる可能性があります。

お財布に入っている現金の残金を気にしないで買い物をカードで簡単にできて、支払にサインや暗証番号も不要、結果ポイントも貯まるのは嬉しい仕組みです。

さらに、QUICPayに対応している店舗はたくさんあり、コンビニエンスストア、ドラッグストア、飲食店、スーパーなどの日常的に利用するお店で利用できます。

ちょっとした買い物でも毎回利用するだけで現金よりお得になるというのは思っている以上に価値があるものです。それだけでもメリットは高いといえるのではないでしょうか。

また、一部タクシーや美容室、ホテル、家電量販店などにもQUICPay対応店舗がありますので、チェックしてみましょう。
35-3

QUICPayにクレジット機能追加でさらにお得に!

このようにQUICPayの機能があるだけで、様々なメリットがあるので早速利用してみたいと思う人も多いのではないでしょうか。QUICPayには専用カードの他に、QUICPay搭載のクレジットカードというものもあります。

また、電子マネーのカードにQUICPay機能を一体化させることも可能です。どちらにせよ、こういったカード型のQUICPayであれば、財布に入れて持ち歩くときに便利ですし、場所もとりません。

また、おサイフケータイ対応機種のスマホや携帯であれば、事前に登録をするとQUICPayを利用することができます。

さらに、Iphoneのアップルペイにも対応します。Iphone7以降のモデル、及びAppleWatch2以降のモデルがアップルペイ対応の対象機種となりますので、該当機器をレジにかざすだけでQUICPay決済ができるので大変便利です。

どちらの方法もQUICPayの端末にかざすだけで支払が完了します。自分が現在所有しているカードにQUICPayが使える状態であれば、利用しない手はないでしょう。

QUICPayの種類は?

カードタイプだけでもQUICPay専用カード、クレジットカード、電子マネー専用カードの3種類のものがありますので、どのタイプが良いか迷ってしまうかもしれません。

その中でも使い勝手を考慮すると、クレジットカードとQUICPayが一体化したカードが一番お得になる可能性が高いです。なぜなら、クレジットカード自体にも様々なポイント特典がありますし、QUICPay対応のお店で買い物をした金額はQUICPayポイント還元の対象になるだけでなく、クレジットカードの利用金額にも反映されますので、現金還元率の高いクレジットカードなどを保有していると、買い物をすればするほどお得になる可能性があります。

さらに、クレジットカードと一体化させることにより、万が一盗難にあった時や、紛失してしまった場合でも補償が厚くなっていますので、その他の電子マネーのカードと一体化させるよりも安心な面があります。

自分が普段どこで買い物をしているか、どんなクレジットカードが一番お得なのかを総合的に検討して、さらにQUICPay機能を利用すると、現金で支払うよりも便利で安全、お得になる可能性が高いと言えるでしょう。

▲目次にもどる