公共交通機関の利用が多い人、PASMO対応のクレジットカードに注目!

目次

PASMOとはどんなものでしょうか

PASMO(パスモ)は、ICカードでクレジットカードのような形をしています。このカードで何ができるのかというと、主に首都圏をはじめ、全国の鉄道やバスで切符の代わりとして使えます。特に首都圏は地下鉄や私鉄、バスの路線がとても多いので、最初にお金をチャージしておけば、乗り換えなどもスムーズになります。

電車よりもバスの利用が多い人は、バス利用特典サービスに加入しているバスを利用すると、バスポイントが貯まりますのでお得です。また、全国の鉄道とも連携していますので、出張などが多い方は特に持っていると移動が楽になるでしょう。さらに、電子マネーの機能がついていますので加盟店での買い物をするときも便利なカードです。
※参考:『「Tokyo Metro To Me CARD (PASMO) JCB」の基本情報や特徴のまとめ

36-2

PASMOにはメリットがいっぱいあります

鉄道やバスなどの公共交通機関を普段からよく利用する人にはとても便利なPASMOですが、さらにメリットについてまとめてみました。まず、首都圏に通勤、通学している人は定期券を購入していることも多いでしょう。毎日同じ区間を移動するだけではなく、習い事や買い物、友人との食事などで定期区間以外の電車などを利用するときに、自動的に乗り越しの精算をしてくれます。

さらに、もしPASMOを失くしてしまったときでも再発行が可能です。PASMOには無記名、記名、定期券の3種類があります。再発行が可能になるのは記名PASMO、PASMO定期券です。定期券の購入金額は、人によってはとても高額になることがあります。そのような人は紛失してしまうと特に困ってしまうのではないでしょうか。記名PASMOとPASMO定期券を持っている人は少額の再発行手数料を支払うだけで、再発行可能になり、定期券の残金やチャージされていた金額が新しいカードにそのまま引き継がれるのがメリットです。

また、日常的に利用している私鉄でPASMOを申し込むと、ポイントが溜まるなど、様々なメリットがあります。私鉄を普段利用している人は、チェックしてみてもよいかもしれません。
※参考:『「ANA To Me CARD PASMO JCB」の基本情報や特徴のまとめ

PASMOにクレジット機能を追加するとさらにメリットが

このようにPASMOには様々なメリットがありますが、さらにクレジット機能を付加することで、よりメリットがあります。人によって公共交通機関の利用方法や回数は違いますが、もしも、自分が普段利用している交通機関の移動だけで少しでもお得になるのであれば、利用しない手はないでしょう。PASMOと一体化したクレジットカードがいくつかありますので、代表的なものをまとめてみました。その中で自分の生活スタイルに合ったクレジットカードが見つかるかもしれません。新規入会キャンペーンなども各クレジットカード会社が定期的に行っていることがありますので、興味のあるクレジットカードが見つかったら検討してみてはいかがでしょうか。

まずは、PASMOだけの乗車ポイントサービスに注目です。PASMO機能が付いたクレジットカードでは、提携している地下鉄や私鉄を利用するとポイントがついてきます。電車に乗れば乗るほどポイントが貯まり、電車がお得に利用できます。さらに、管轄内の駅構内にある店舗や自動販売機を利用してもポイントがついてきます。電車で移動するときにちょっとした買い物をする人も多いのではないでしょうか。また、オートチャージ機能で設定残高よりも低い金額になると自動的にチャージされ、ポイントが付与されます。乗車ポイントサービスを提供しているのは、PASMO機能のついたクレジットカードだけです。

さらに、飛行機のマイルを貯めている方も注目です。各航空会社とPASMOがタイアップしているクレジットカードもあります。普段利用している鉄道路線と、よく利用している航空会社の組み合わせのクレジットカードを利用すると、様々なメリットがあります。電車に乗るだけでマイルが貯まったり、PASMO機能がついたクレジットカードよりも乗車ポイント還元率が高かったりなどのメリットがあります。普段から電車や飛行機を利用して、旅行や出張などによく出かける人にとっては大きなメリットがあると言えるでしょう。
※参考:『「パスタウンPASMOカード」の基本情報や特徴のまとめ

▲目次にもどる