目次

知っておきたい!nanacoってそもそも何?

nanaco(ナナコ)とは、全国のセブンイレブンで使えるプリペイド型の電子マネーの名称です。

キリンのロゴマークが印象的なnanacoですが、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行する電子マネーなので、セブンイレブン以外の全国の加盟店でも使用することができ、有名なところではイトーヨーカドーやデニーズなどがあります。現在では、全国幅広い店舗でnanacoが使用可能になったため、より効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

nanacoが使用可能な店舗には、レインボーカラーでお馴染みのnanacoカードのマークがついているので、それを目印にしてくださいね。

⇒  電子マネーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

<nanacoが使える主要な店舗一覧>

・西武・そごう
・ヨークマート
・ヨークベニマル
・デニーズ
・ファミール
・CoCo壱番屋
・かっぱ寿司
・コメダ珈琲店
・ミスタードーナツ
・ビックカメラ
・LOFT(ロフト)
・ココカラファイン
・ROUND1(ラウンドワン)
・成田国際空港
・コカ・コーラ自販機
・ヤマト運輸          など

nanacoを利用するメリットとは

nanacoを利用するメリットは、いくつかあります。まずは、支払いがスムーズに済ませられることです。レジで、支払いに時間が掛かってしまった経験はないでしょうか。バッグからお財布を出して小銭を探して…という作業は意外と面倒なものですよね。

その点、nanacoでの支払いならレジにnanacoカードをかざすだけですからカンタンです。すぐに清算が終了するので、スマートに会計を済ませることができます。またクレジットカード同様、お財布が小銭だらけにならないのも利点の1つです。

もう1つ注目してほしいのが、ポイント制度です。nanacoでは、100円(税抜)買い物をする毎に1ポイントが加算されるお得なポイント制度があります。貯まったポイントは電子マネーに変換して買い物に利用することが可能で、1ポイント(1円相当)から使えます。

ドラッグストアなどのポイントカードは換金できるポイント数が決まっているケースが多く、なかなか設定ポイントまで届かないのが悩みの種ですよね。nanacoではそのような心配は一切ありません。なお貯めたポイントは、提携先のポイントに変換可能です。さらに「オムニ7」というWebショップでの買い物にも利用することができて大変便利です。

 

nanacoの入会・使用方法とは?

nanacoの入会方法

nanacoの入会方法は、主に2通りあります。

1つ目は、店頭でnanacoカードを発行してもらう方法です。こちらは、発行手数料300円(税抜)が発生します。
2つ目は、お手持ちのスマートフォンでnanacoの電子マネーアプリを無料ダウンロードする方法です。アプリを使用する場合は、あらかじめウェブサイトで個人情報の登録が必要となりますのでお忘れなく!

nanacoカードを無料で発行する方法とは?

入会するには、300円の発行手数料がかかってしまうnanacoカード。実は、この手数料がかからずにカードを発行する方法があるんです!

①イトーヨーカドーのハッピーデーに発行する

イトーヨーカドーでは、毎月8のつく日(8日、18日、28日)を「ハッピーデー」と称し、多くの商品が5%オフで購入できる日となっています。また、専門店街ではnanacoポイントが2倍貯まる日になっています。このハッピーデー当日にnanacoカードに入会すると、その場で1,000円チャージをするだけで入会手数料が無料になります。アプリではなく、nanacoカードを利用したいと考えている方は、ハッピーデーに店頭に足を運んでみてはいかがですか?

②nanaco新規入会キャンペーンのタイミングで発行する

セブンイレブンでは、不定期ではあるものの新規入会キャンペーンが開催されます。その際にnanacoに入会すると、入会手数料が無料になったり、発行時にnanacoポイント300ポイント分が付与されることもあります。nanacoポイント300ポイントがもらえれば、1ポイント=1円相当ですから実質無料で入会できたということになりますね。

③セブンカード・プラスに入会する

セブン&アイホールディングスが発行しているクレジットカード『セブンカード・プラス』。このカードは、クレジット機能と電子マネー(nanaco)の機能の両方が使える一体型カードです。このクレジットカードに入会してしまえば自動的にnanacoも使えるようになります。年会費は初年度が無料、次年度以降は前年の利用額に応じて無料であるため、セブンカード・プラスに入会してしまえばnanacoの発行手数料も実質無料だということになりますね。

⇒  セブンカード・プラスの還元率やメリットについて詳しく知りたい方はこちらをクリック

 

nanacoの使用方法

使用方法については、まずnanacoカードに1,000円単位でお好きな金額をチャージします。チャージはセブンイレブン各店舗のレジやイトーヨーカドーなどに設置されたnanacoチャージャーで可能です。チャージが終わったら、あとは支払い時に現金の代わりとしてnanacoカードを使えばOKです。nanacoにチャージされているポイント分だけ、自由に買い物をすることができます。

付与されるポイントは、基本的にお買い物100円(税抜)につき1ポイント。貯まったポイントは1ポイント=1円相当としてお支払いに利用することが可能です。セブン&アイグループの店舗でnanacoカードを利用した場合は、その場でポイントが付与されますが、ココカラファインほか複数の店舗で利用した場合は、後日ポイントが付与されるというかたちになります。

貯まったnanacoポイントの有効期限についてですが、当月4月から翌年の3月までに貯まったポイントを翌々年の3月末まで利用することが可能です。有効期限内に使うことができなかったポイントはそのまま失効してしまいますので、注意が必要です。

 

誰よりもおトクにnanacoチャージポイントを貯める方法とは?

ここからは、ポイントに特化した実用的な話をご紹介していきたいと思います。nanacoは、電子マネーでの支払い100円ごとにnanacoポイント1ポイントが付与される仕組みです(ポイント還元率1%)。しかし、通常利用に還元率を超えてポイントがおトクに貯まる方法があることをご存知ですか?

nanacoは、基本的にセブンイレブンなどのレジで現金をチャージしてもらったり店頭にある専用のチャージ機を利用して現金をチャージしたりしますが、インターネットにて事前登録をしておくと、手持ちのクレジットカードからその都度nanacoにチャージすることができるんです。このチャージ方法をクレジットチャージと呼びます。

このクレジットチャージをすると、nanaco利用時にポイントが貯まるだけでなく、クレジットカードに現金をチャージした際にもクレジットカード自体に決済ポイントが貯まるため、ポイントの二重取りができるようになるのです。

→ nanacoポイントをお得に貯める・使う方法の詳細はこちらをクリック!

クレジットチャージの方法

・初めて登録する際は、PCやスマートフォンでnanaco会員メニューにアクセス。お手持ちのクレジットカード情報を事前登録。
・PCやスマホでnanacoへのチャージ金額を申込み。
・セブンイレブンなどの店頭やセブン銀行ATMにて、残高確認をし、チャージ金額を受け取る。
※クレジットカードの事前登録をしてから24時間経過後から、チャージ金額を申し込むことができるようになります。

現金でチャージができる金額について

・チャージ上限額:50,000円
・1回のチャージ可能額:1,000単位で49,000円まで

上記で説明してきたクレジットチャージは、すべてのクレジットカードが対応しているというわけではありません。nanacoに現金をチャージすることはできてもクレジットカード自体にポイントが貯まらない場合もありますので、よく確認してから登録するようにしましょう。

nanacoポイントが貯まるクレジットカード

・セブンカード/セブンカード・プラス(ゴールド)
・クラブ・オン/ミレニアムセゾンカード
・JCBカード
・セゾンカード
・UCカード
・三井住友VISAカード
・VJAグループ
・ジャックスカード
・MUFGカード
・DCカード
・UFJカード
・ニコスカード
・セディナカード
・OMCカード
・ライフカード
・オリコカード
・ゆうちょ銀行カード
・dカード
・NTTグループカード

nanacoは税金や公共料金の支払いも可能

次にご紹介するのは、おトクにnanacoポイントが貯まってかつ、おトクに節税ができる方法なんです。

セブンイレブンでは、通常市町村が徴収する税金を代わりに徴収する代行サービスを行っています。その際、nanacoを使って支払いをすることができるんです。具体的には、国民年金保険料・健康保険料・固定資産税・自動車税・住民税・所得税などの税金に加え、水道代やガス代などの公共料金の支払いをnanacoで済ますことが可能です。

このとき、クレジットチャージをしたnanacoで支払うと、クレジットカードのポイントが貯まりますが、残念ながらnanacoポイントは付与されません。

普段はクレジットカード払いができない税金を、nanacoを使って間接的にクレジットカード払いに切り替え、ポイントまでもらえてしまうこの支払い方法。まさに節約が不可能だと考えられていた領域の節約に成功した感じがしますね。

nanacoチャージでポイントが貯まる、おすすめのクレジットカード

①楽天カード(JCB)

<楽天カードの基本情報>
・年会費:永年無料
・ポイント基本還元率:1%(100円で1ポイント)
・ポイントプログラム:楽天スーパーポイント(通称:楽天ポイント)

楽天カードは、年会費が永年無料。通常時の還元率は1%ですが、楽天市場内でのお買い物時は還元率が最低でも4%になるおトクなクレジットカードです。専用ポイントの「楽天スーパーポイント」は、楽天市場のみならずサークルKやミスタードーナツなどでも貯めることができます。

楽天カードでnanacoポイントとの二重取りができるのは、国際ブランドをJCBにした場合のみとなります。JCBの楽天カードの場合は、nanacoにクレジットチャージすると1%分の楽天ポイントが付与されることになります。カード発行時に誤って国際ブランドをVISAを選択してしまった場合は、一度その楽天カードを解約しなければなりませんので注意が必要です。

⇒  「楽天カード」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

②Yahoo!JAPANカード(JCB)

<Yahoo!JAPANの基本情報>
・年会費:永年無料
・ポイント基本還元率:1%(100円で1ポイント)
・ポイントプログラム:Tポイント

Yahoo!JAPANカードは、国内最大級のポイントプログラムである「Tポイント」が年会費永年無料のクレジットカードです。そのため、TSUTAYAやファミリーマート、ガストなど幅広い店舗で通常利用1%のポイントを貯めることが可能です。

カード発行時、国際ブランドはVISA/Mastercard/JCBから選択することが可能ですが、nanacoとのポイント二重取りを希望される方は、JCBブランドを選ぶ必要があります

⇒  「Yahoo!JAPANカード」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

⇒  「Yahoo!JAPANカード」でおトクにポイントを貯める方法が知りたい方は、こちらをクリック

③リクルートカードプラス

recruit-card-plus

<リクルートカード・プラスの基本情報>
・年会費:2,000円(税抜)
・ポイント基本還元率:2%(100円で2ポイント)
・ポイントプログラム:リクルートポイント

リクルートカード・プラス」は、初年度から年会費が2,000円+税かかりますが、基本還元率が通常利用で2%という最強におトクなクレジットカードです。ポイント還元の方法としては、毎月のご利用合計額の2.0%分の共通ポイントを付与してくれるという仕組みになっています。

nanacoのクレジットチャージをしたリクルートカード・プラスでお会計をすると、ポイントの二重取りができるためnanacoポイントと合計して還元率が3%とかなりおトクになります。
しかし、残念ながら現在リクルートカード・プラスはカード会員の新規募集を中止しています。また、募集が再開すると良いですね。

⇒  「リクルートカードプラス」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリック

▲目次にもどる