首都圏の私鉄・バスユーザーであれば持っておいて損はないのがPASMOです。1枚で電車やバスに乗れるうえ、駅の売店などの買い物にも使えます。特にオートチャージサービスの使えるクレジットカードつきならチャージの手間いらずで便利です。

PASMOについてあらためてお勉強!

PASMOは特に首都圏の私鉄・バスユーザーにおすすめの交通系電子マネーです。加盟している鉄道会社・バス会社での乗車料金の支払いに使えるほか、コンビニや駅の自販機といった提携ショップでのショッピングにも使えます。しかも乗車料金については自動改札機でタッチするだけで自動的に引き落としされるため、わざわざ切符を買わなくても電車やバスに乗れます。

PASMOには大きく分けて無記名と記名PASMOがあり、記名PASMOには定期券情報を載せることができます(PASMO定期券)。また記名PASMOには便利なクレジットカード機能つきのものもあります。
クレジットカード一体型のPASMOを使うと定期券、クレジットカード、PASMOを1枚にまとめることができます。カードの枚数を大幅に減らせ、財布の中がすっきりと整理されます。これからPASMOを作るのであればクレジット一体型がおすすめです。

PASMOはSuicaなど他の交通系電子マネーとの相互利用が可能になっている場合が多く、JRの駅や首都圏以外の地域でも利用可能です。1枚作っておけば幅広く使えます。

残金不足解消!PASMOのオートチャージ機能とは?

PASMOを実際に使うためにはあらかじめ駅の自動券売機などで現金をチャージしておく必要があります。したがってうっかりチャージを忘れてしまうと、残高不足で改札を抜けられないという事態がおきる場合があります。そうしたチャージ忘れをカバーしてくれるのがPASMOのオートチャージサービスです。オートチャージサービスとはPASMOの残高が一定額を下回ったときに、クレジットカード決済で自動的にお金をチャージしてくれるサービスです。

PASMOのチャージは基本的に駅の券売機などで行うものになりますが、オートチャージサービスを利用すれば自動改札機を抜けるときに自動でチャージが行われます。結果的にPASMOの残高がほとんど一定額にキープされている状態になるため、電車に乗っている途中で残金不足になってしまうようなこともなくなります。しかもチャージ金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるため、現金でチャージするよりもお得です。

オートチャージの基準となる残金やチャージする金額は自分で自由に設定できます。たとえば残額が1,000円を下回ったら3,000円チャージする、といった設定が可能です。オートチャージサービスを利用するためには、オートチャージサービスに対応したクレジットカードが必要になります。クレジット一体型のPASMOか、また対象のクレジットカードと紐付けする普通の記名PASMOカードを用意し、オートチャージサービスの設定を行います。

ただしオートチャージサービスには有効期限があり、オートチャージに使っているクレジットカードの有効期限が過ぎるとサービスを使えなくなります。カードの更新時期が来たら新しく届いたカードで設定をやり直すようにしましょう。

券売機で手続きできちゃう!クイックチャージとは?

オートチャージサービス機能付きPASMOを持っていれば、オートチャージとは別に自動券売機などでもクレジット決済によるチャージができます。それがクイックチャージです。クイックチャージではPASMO内の残金が20,000円を超えない範囲で好きな金額をチャージできます。必要なときに必要な金額をキャッシュレスでチャージできるので便利です。

クイックチャージの気になる使い方はとてもシンプル。サービスに対応した駅の券売機で「クイックチャージ」ボタンを押し、オートチャージ機能付きPASMOを券売機に入れます。そしてチャージ金額入力でチャージしたい金額を入力すればチャージ完了です。クイックチャージには2017年3月のサービス開始時点で東急線各駅の自動券売機が対応しています。これからも徐々に対応の自動券売機が増えていくことが予想されますので、他の沿線を利用中の人は今後の展開に期待しましょう。

どの路線に住んでる?PASMOと相性の良いクレジットカード

クレジットカードの発行や利用に!年収の影響力はどの程度?

交通系電子マネーのPASMOは鉄道会社系のクレジットカードとの相性が抜群です。もし連携させるならPASMOに加盟している鉄道会社が発行しているクレジットカードを作るのがおすすめです。定期券付きの一体型PASMOを持てるのは、東急電鉄、東京メトロ、東武鉄道などです。もちろんクレジットカードとの一体型に抵抗がある場合は、記名PASMOと紐付けてクレジットカードとの2枚持ちにしてもOKです。

鉄道会社系のクレジットカードはPASMOのチャージだけではなく、自社の定期券購入でもお得にポイントが貯まります。普段定期券を買っている路線でクレジットカードを作れば定期券購入で効率的にポイントが貯まっていくはずです。また百貨店やスーパーといった系列企業の利用でもポイントがよく貯まるので、自分が住んでいる沿線に合わせてカード会社を選ぶのもよいでしょう。

たとえば東急線ユーザーであれば東急カードを作っておくと便利になります。PASMO利用はもちろんのこと、沿線にある東急ストアや東急百貨店などでのショッピングでポイントが貯まっていきます。

PASMOを頻ぱんに使うならクレジットカード付きがおすすめ

電子マネーのチャージは意外と面倒なもの。通勤や通学で毎日PASMOを使うヘビーユーザーであればオートチャージサービスの利用がおすすめです。オートチャージサービスを利用すれば券売機などでいちいちチャージしなくても残高不足になりづらくなります。またPASMOと連携できるクレジットカードは鉄道会社系なので定期券購入との相性も良好です。PASMOへのオートチャージで、あるいは定期券の購入で効率よくクレジットカードのポイントが貯まっていきます。通勤・通学でPASMOを使っている人ならまとまったポイントを簡単に貯められるはずです。

JRの駅やコンビニなど私鉄の駅・バス以外の場所でも使えるPASMOは使い勝手のよい電子マネーです。オートチャージサービスとの合わせ技で毎日の生活をより便利に、よりお得なものにしていきましょう。