クレジットカードの主な発行会社一覧

複数のクレジットカード

クレジットカードは発行するカード会社によっていくつかのカテゴリーに分けることができます。カード会社はクレジットカードの裏面に書いてあることが多く、カードを確認すればどの会社がカードを発行しているのかがわかります。

カード会社のカテゴリーのひとつが「銀行系」です。三井住友銀行系列の三井住友カード株式会社が発行するのは「三井住友VISAカード」で、三菱東京UFJ銀行系列の三菱UFJニコス株式会社は三菱UFJニコスVISAカードなどを発行します。銀行系のカードは総じて社会的な信頼性が高く、同系列の銀行に口座を持っている場合は入出金手数料が無料になるなどお得になる可能性が高いのがメリットです。

「流通系」のクレジットカードとは、スーパーマーケットなどの小売やその関連企業が発行するカードです。楽天カードやイオンカードが流通系にあたります。流通系の特徴はカード会社が指定するお店やネットショッピングモールでカードを使って買い物をすると、ポイントがたくさん貯まることです。生活に密着しているのが魅力です。

ANA VISA SuicaやJALカードSuicaなど、旅や通勤・通学に便利なのが「鉄道・航空系」のカードです。航空系のカードはポイントプログラムにマイルを採用していたり、お得なレートでポイントをマイルに交換できたりするので、飛行機によく乗るという人には大変便利です。

「国際ブランド×カード会社系」はプロパーカードと呼ばれ、一般カードよりもステータス性が高いのが特徴です。JCBカードやアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブがこのカテゴリーに当てはまります。手に入れるためには収入や社会的地位などを考慮した厳しい審査を合格する必要があります。

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードを持った手

クレジットカードの決済システムを提供しているのがカードのブランドです。特に国際的に知名度が高く使用頻度が高いものを国際ブランドと呼びます。国際ブランドはクレジットカードの表面に記載されています。保有しているカードをお店で使用するためには、カードに書かれているマークとお店が加盟している国際ブランドのマークが一致している必要があります。

代表的な国際ブランドにVISAがあります。VISAは世界シェア率が圧倒的1位の国際ブランドで、クレジットカード加盟店のほとんどはVISAに加盟しているといっても過言ではないほどです。VISAブランドのカードを持っていれば、世界中どこへ行ってもカードでの支払いに困ることはないでしょう。MasterCardはVISAに次ぐ世界第2位のシェア率を誇ります。VISA加盟店の多くはMasterCardにも加盟している可能性があるので、MasterCardだけでも旅やビジネスに困ることはないでしょう。

JCBは日本発の国際ブランドで、特に日本やアジアで会員数や加盟店が多くなっています。欧米などでも観光地やホテルで使用できるところが多く、海外旅行をする際にはサブカードとして持っていきたい国際ブランドです。JCBはカード会社と提携したカードだけではなく自社発行のクレジットカードも持っており、VISAとMasterCardにはない特徴があります。

AMEX(アメリカン・エキスプレス)も自社ブランドのクレジットカードを発行しています。AMEXは収入や社会的地位が高い人のみが手に入れられるステイタスカードの一種で、特にアメリカにおける信用度が高いといわれています。DinersClubも同様に自社ブランドのカードを発行するステイタスカードです。AMEXもDinersClubも年会費が高い傾向にありますが、その分優待や空港ラウンジサービスなどさまざまな特典を受けることができます。

クレジットカードを複数持つ時の注意点は?

マイノリティーレポート

クレジットカードの上手な使い方に複数のカードを持つことが挙げられます。なぜなら、お店で使えないことがあったり、カードが読み込めなかったりするなどの事態が発生した場合、2枚目のカードがなければ支払いができないからです。メインカードの他に国際ブランドの異なるカードを持っていると、万が一の時に役立つことでしょう。オススメのカードの組み合わせは、VISAやMasterCardといった加盟店の数が多いカードと、AMEXやDinersClubといったステイタスカードです。支払いは前者のカードで行い、優待サービスなどを受けたい場合は後者のステイタスカードを利用すればお得に旅を楽しめます。

もうひとつのオススメは、ショッピングなどの日常生活でポイントがよく貯まる流通系のカードと、趣味やエンターテイメントなどで使い勝手が良いカードの組み合わせです。例えば、イオンカードはイオンでの買い物でポイントがたくさん貯まるので普段使いとし、旅行が趣味でしばしば飛行機で遠出することがあるのなら飛行機代は航空系のカードで支払うと、効率的にポイントが貯まります。両者の間にポイント移行プログラムがあるのなら、より一層特典が享受できます。

ただし、カードを複数枚持つとその分管理が難しくなります。どのカードでどれだけ支払いをしたのかを常に頭に入れておかないと、支払時に限度額がいっぱいで使用できないといった事態に陥るかもしれません。また、カードが増えれば、それだけ紛失や盗難のリスクも増えるでしょう。そのため、例えば、引越しをした場合は、1枚1枚カード会社へ住所変更する必要があります。

カード会社を選ぶ時のコツについて

窓の外を見つめている男性

カード会社選びはお得にクレジットカードを使ううえでも大変重要です。選ぶ際には自分のライフスタイルに合うものかをまず見極める必要があります。クレジットカードの中には年会費が無料なものもあれば数万円のものもあります。年会費が高いものはそれだけサービスが充実しているのが一般的ですが、あまりサービスを利用する機会がないのなら、年会費がかかるカードを保有しなくても良いかもしれません。また、電車に乗ることが少ないのに鉄道系のカードにすることなどもやめた方が良いでしょう。

そのカードが自分にとって「本当に必要かどうか」をきちんと考えてから申し込みをすることも大切です。クレジットカードによってはお得な入会キャンペーンを展開していることがあります。数千円分のポイントがもらえるなどの言葉につられて不用意にカードを作りすぎてしまうと、信用情報に借り入れ残高情報として掲載されて、住宅ローンなどに影響する可能性もあります。ローン審査ではクレジットカードの限度額分は借金をしているとみなされるため、カードをたくさん持っていると必然的に限度額の合計は大きくなります。これらの点をきちんと踏まえたうえでカードを作成するべきか否かを決めましょう。

まとめ

クレジットカードにはたくさんの種類があり、どれも魅力的なサービスや特典を打ち出しています。しかし、カードをたくさん持つことによるリスクは少なからずあるため、保有するカードは厳選する必要があります。どうしても会員になりたい魅力的なカードが新規に出てきた場合は、今持っているカードの中で不要なものを解約するなど対応していきましょう。クレジットカードの便利さを100%手に入れるためにも、カード選びはしっかりと行いましょう。