銀行系クレジットカードとは?

銀行系のカード会社が発行しているクレジットカードのことです。銀行系クレジットカードかどうかは、カードを見れば名称で、すぐに分かることが多いかもしれません。メガバンクから地方銀行まで銀行は全国に多数ありますが、多くの銀行が関連会社でクレジットカードの取り扱いを行っています。キャッシュカードとクレジットカードが一体になったカードがあったり、住宅ローンの優遇や各種手数料の割引などのサービスが受けられたりします。

銀行系クレジットカードは、数あるクレジットカードのひとつでしかありませんが、元来は日本のクレジットカードをけん引する存在でした。日本でVISAを普及させたのは三井住友VISAカード、JCBは日本信販と当時の三和銀行(現三菱東京UFJ)です。しかし、銀行系クレジットカードは、一定の収入がある「堅実」な人でなければなかなか作ることができませんでした。そこで、流通系などのクレジットカードが幅広い層をターゲットにするようになったのです。

銀行系クレジットカードのメリット・デメリット

銀行系カードを持つことのメリットの1つは、格安でステータスカードを持つことができる点です。ゴールドカード以上のステータスカードは会費が数万円するのが一般的ですが、銀行系カードは数千円からゴールドカードを持つことができます。さらに、一般カードでも他の会社が発行するカードよりも信頼度が高いと見られ、社会的なステータスにつながります。社会人になってから銀行系クレジットカードを作るのはハードルが高いといわれていますが、銀行系カードの中には難易度が低い学生向けのカードもあるのが特徴です。学生向けのゴールドカードもあるので、学生時代に銀行系のステータスカードを作ってしまうという方法もあります。

2つ目のメリットはクレジットカードの引き落とし口座をその銀行の口座に指定するとATM手数料が優遇されることです。カードの引き落としがあると、ATMの手数料や時間外手数料が無料となります。金利がほとんどゼロに近い状況で手数料がかからないというのは、大きなメリットになるでしょう。中には年会費が無料になるケースもあります。

3つ目はクレジットカードで実績作りをしておくと、住宅ローンの優遇を受けたり、ゴールドやプラチナへのランクアップが比較的期待できるということがあります。クレジットカードの利用は、クレジットヒストリーといわれる信用履歴を作ることが重要です。支払いを毎月きちんと履行している実績があると、将来住宅ローンを利用したいと考えたときに信用情報の審査で落ちる可能性も低くなるでしょう。利子は借り入れ金額が大きくなるにつれて、返済総額に大きく影響するものです。住宅ローンを考えている人は、銀行系クレジットカードを作っておくとよいでしょう。信用履歴という点では、カードのランクアップも同じです。

一方デメリットは、銀行系カードの魅力の1つであった手数料優遇サービスが縮小傾向にあることです。従来に比べると、手数料が優遇されるための条件が厳しくなっています。また、クレジットカードをお得に使いたいと考えている人に目に付くのはポイント還元率の低さでしょう。銀行系カードの還元率は0.5%程度です。ポイント還元率を重視する場合は、その他のカードと併用して使うのもよい方法かもしれません。

キャッシュカードとの一体型はカード管理の手間がなく便利な反面、紛失してしまうとクレジットカードが利用できないだけでなくお金の入出金もできなくなることにも注意が必要です。

銀行系クレジットカードを持つ際の注意点について

銀行系クレジットカードは、計画的な利用が第一です。特に、将来住宅ローンを利用して家を購入したいと考えている人は、借りようと考えている銀行でクレジットカードを作りましょう。可能であれば、学生のうちからコツコツと信用履歴を作っていくのがベストです。クレジットカードでの返済実績を作ることができれば、ローンの審査や金利で優遇を受けることができます。

信用履歴に関しては、特に銀行系カードはその履歴を「きれい」にしておくことが大切だといわれています。滞納などがないようにくれぐれも注意しましょう。また、デメリットで述べたように一体型カードでは紛失するとATMも利用できなくなってしまうのでカードの管理には気をつけてください。

銀行系クレジットカードの代表的なラインナップは?

1つ目は、三井住友VISAカードです。その名のとおり、銀聯も若干あるもののブランドはVISAがスタンダードです。先のMUFGカードに比べると選べるカードの種類は少ないですが、学生向け、女性向け、30代以上向けなど206種類の中から選べます。セキュリティ対策やサポート体制には一定の評判があり安心です。今なら最大1万円キャッシュバックのキャンペーンを行っています

2つ目におすすめの銀行系クレジットカードは、種類が豊富なMUFGカードです。銀行系カードの中でも人気が高く、年会費が無料の一般カードから、プラチナカードまであります。持ちやすく、維持しやすい確約ゴールドカードにも力を入れています。ブランドはVISA、JCB、マスターカードはもちろん、アメックスや銀聯まで。ポイントには、1,000円で1ポイント付与するものがスタンダードですが、ポイント分を自動的にキャッシュバックしてくれるものもあります

3つ目は、みずほマイレージクラブカードです。キャッシュカード一体型のものは年会費が無料で、さまざまなブランドと提携しています。SuicaやANAのマイレージクラブ、電子マネーの機能がついているものもあるので多機能な1枚を持ちたい人におすすめです。1,000円につき1ポイントですが、ポイントプログラムは永久不滅ポイントでおなじみのセゾンです。キャッシュカード分離型には、「THE POINT」というカードがあり、こちらの還元率は1%となっています。iD(アイディ)やQUICPayも搭載しています。

まとめ

銀行系クレジットカードはステータスを重視する場合にはメインカードとして、住宅ローンに備えるならサブカードとしての利用がおすすめです。一般カードでも銀行系カードは信頼性が高いものですが、いずれのケースでも早めに作っておくとよいでしょう。銀行との取引は一生続くものですし、銀行系カードはどこに出しても恥ずかしくなく、流行廃りがありません。メインカードとしてもサブカードとしても1枚は持っておきたいカードです。